ここから本文です

タイはバンコクのファランポーン駅にたむろするゴザを引いた女性達に関する質問で...

アバター

ID非公開さん

2018/7/321:43:11

タイはバンコクのファランポーン駅にたむろするゴザを引いた女性達に関する質問です。

ふと思い出したのですが、一ヶ月前にタイに行った際に、今までに嫌な予感がしてやっていないことを、やってみようと考え、以前から気になっていた、ゴザ女性に、「これは何をしているの?」と聞いたところ、「酒を飲み、話し、ソムタムなどを食べるのよ」という、たぶんそうだろうなと思っていた通りの返事があり、取り組むことにしました。

周囲には15人くらいのゴザ女性がいて、お客さんは3人くらいでした。これで商売が成り立つわけはないのだから、売春の誘いがあるのか?もしくは他の利益構造があるのかを知りたかったです。

ゴザ女性は20後半から50歳に見える人もいて、見目形もよろしくはなく、売春にしても、限界に近く、お話を楽しむにしても、楽しくない水準です。

お酒は人瓶200mlくらいの赤いお酒で100バーツでした。そのお酒は生涯で最も不味いくらい不味く、一口で嫌な予感がする代物で、計500mlくらい飲みましたが、翌日にこれも生涯最悪の二日酔いと頭痛がしました。

そこで、質問です。あれは何でしょうか?正規品のお酒でしょうか?また、お酒は元来は透明で、赤くするために乾燥した何かの根っこみたいなイラストの袋から、木片か朝鮮人参のようなものを取り出して入れていましたが、あれは何でしょうか?どのような効果がありますか?味は透明なものも、赤くなったものも、等しく不味かったです。

結局、22時から24時まで飲み、計600バーツで終わったのですが、特に艶めかしい方向には行かず、爽やかに解散となりました。また、たくさん飲んでもらったからと、そこから100メートルのホテルまで必要もないのにトゥクトゥクで送ってくれました。

そこで質問です。22時から24時だからかもしれませんが、その時間に客は少なく、平均は二時間で100バーツの売上も無いように感じました。商売として成り立つとは思えないのですが、どのよに商売を成り立たせているのでしょうか?

閲覧数:
375
回答数:
6
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2018/7/411:11:24

まだ、ゴザのソムタムおばちゃん達が出没するのですね。

怪しい雰囲気ですが、まったくそのようなことはありません(自由恋愛はあるかもしれませんが)タイのイサーン地方では、現代に於いても現金収入を得る事が難しい貧農(小作人)の方が存在し、農業の閑散期に、バンコクまで出稼ぎに来て、現金収入を得るためにゴザのソムタム屋さんを始めます。おばちゃん達には、他の職に就くだけの、容姿や知識や技術、学歴等がありません。できることは、日常生活で飲食する物を販売すること位なのです。

赤い酒は、ヤードーンと呼び、薬酒(漢方薬)
朝鮮人参(本当かな ?)や黒生姜の根などの漢方薬系の素材で、滋養強壮・精力増進に効果あるされている。ファランポーン駅の近くには中華街(ヤワラ―ト)で、ヤードーンの素を売っていて、安い焼酎に混ぜて提供しています。

また、多くの人達は、同じ地方から来ている人同士で、ファランポーン駅付近の宿で共同生活を送り、滞在費を節約しています(いました。私の知る限り) 基本的に客はイサーン出身の出稼ぎ労働者が多いのですが、かつては楽宮やジュライなどに長期滞在していた日本人も、夕涼みがてら夜中に利用して、タイ語やラオ語をおばちゃん達から教わったりして楽しみました。

タイでは路上販売は違法なので、時々、警官による取り締まりもあるのですが、取り締まりが来ると、お客を放って一斉に店じまいして、ワラワラと逃げて行き(店を広げていなければ、お咎めなし)、しばらくして取り締まりの警官がいなくなってから、おばちゃんたちは元の場所に戻り、客も店(ゴザ)に戻り、酔っ払いの再開です。

機会がありましたら、利用してやってください。

アバター

質問した人からのコメント

2018/7/4 14:17:18

詳細な説明ありがとうございました。今はゴザ女性は8割はラオス人だと言っていました。利用してあげたいんですけど、酒がトラウマです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

osa********さん

2018/7/410:19:49

バンコクの最低賃金は日給300バーツ程度です。時給40バーツ程度あれば、暮らしていけます。1食40バーツ程度だし、家賃も1万円もしませんから。

2018/7/408:57:50

酒は、米焼酎に色をつけた物だと思います。

STREET・Fさん

2018/7/404:50:09

売春ではないですホアランポーンから徒歩圏内の他の場所に売春婦がたまる場所があります。

割とお金がない人が店とかで飲み食いすると高いので、そこで食べて飲んでいるのでしょう。

商売が成り立たないならそんな商売しません。地の利に不案内な外国人をトゥクトゥクに乗せるぐらいよくあること。さらに飲んでいたら不安なのとチャイナタウン周辺は安全場バンコクでも危険な場所なので。

tyonaさん

2018/7/400:13:41

私が行き出したのは2千年頃でバンコクの名物と聞きました。三〇年四〇年前から有るってことでしょ。売春と言い方するけどバンコク、タイでは何処にでも有るから欲しければ買えば?て感じ。置屋なら10代を田舎から買ってきてる訳だし。近年は経済成長してるから露店で商売は減ったよ。貧乏人相手。
実売は後ろ指さされる度合いが強くなったね。客が選ばれるってことか?

ail********さん

2018/7/322:46:21

時々オバサン達と話します。
酒は飲まないので何か知りません。
それなりに利益はあるようです。
儲からなければ辞めます。
イサーン出身の肉体労働者が主な客です。
体も売ると言われますが、
本当なら、嫌なのでからかった事ないです。
以前は桜で座って行けと言われましたが、最近は酒奢れとスレたオバチャン増えたので、からかうだけです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる