ここから本文です

浪商ハンドボールの生徒や監督は顔名前バレしてるんだから さっさと謝罪した方が...

mak********さん

2018/7/514:38:32

浪商ハンドボールの生徒や監督は顔名前バレしてるんだから
さっさと謝罪した方がいいぞ。

殺害予告の動画やっといて、削除するなら罪を認めたんだから。

肘うちは、あの場面で謝罪もないし、悪意しかない。
悪気がないなら、ごめんの一言もあるだろう。

これからスポーツ観戦でのラフプレーの投稿が増えそうだな。

閲覧数:
195
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kob********さん

2018/7/614:13:48

今の時期だとサッカーW杯があり熱い戦いがありますから、これらの戦いを引き合いに出しユニホームの引っ張りあいなどがあり、よくあることだと言う論調になることが怖い。
大前提として、プロとアマそれも学生スポーツとでは違うことを理解する必要がある。

学生スポーツでもユニホームなどを引っ張りあうことが起こりうることは理解できるが、体に障害が起こりうるプレーとの線引きはハッキリさせる必要がある。
審判の見てない角度で反則ギリギリのプレーを良しとする風潮を学生スポーツで持ち出すことにも違和感を拭えない。
日本の学生スポーツはあくまでも教育の一環だという立場を忘れてはならず、プロとは違うのだ。
学生スポーツなら反則ギリギリのプレーの技術を競うではなく、スポーツ競技としての基礎的技術・体力を競うことに気持ちを指導をするべきである。
プロではないのですから。

溝内に強い打撃があれば時には死亡することもありうることがあることを理解する必要がある。
過去にそういった不幸な事故は起きている。

問題が起きた試合を高体連が緊急常任委員会で問題の肘うちの映像をなどを見て問題ありと一度はしている。
この時点で当該生徒と高校に指導をしていれば今のような問題に発展する可能性は低かったのではないかと思います。
今後あのようなプレーをしないようにと指導がなされていれば
ラフプレーに見える学校と生徒を守る為の回答にしか見えない。

プロでも体の接触が度を超えてくるなどあれば試合は荒れてくる。
選手は審判の死角で肘うちをやろうとしていたのであれば、たちが悪い。
勝負の前に選手に対してリスペクトを持った意識で戦っていたのか、指導があったのか?
試合前からSNSで物騒な言葉が飛び交っている時点で試合があれると思われてもしょうがなく、対戦相手・保護者などからは疑心暗鬼にならざる負えない。

物騒なことがが飛び交っている常態で試合をしたのだ、危険なプレーが起きればやったのではと思われてもしょうがない。
当該生徒たちは節度ある態度だったのか、指導はなされていたのか甚だ疑問に残る。

勝負の中のギリギリのプレーと、溝うちは違う
溝うちはプレーが止まりいつまでもユニホームを持っているのだと振り払ったようにも見えが、振り払うの肘をまげて払う必要はないと私は考え、不適切なものと考え現住注意とするべきものに見える。
言葉でも注意出来ることで、ガキじゃもうないのだ。
結果的に大きく苦しむ行為だったことは間違いはないのですから。

審判の死角を狙うなプレーを考える又は指導になってきてるのではないかと、日本の学生スポーツを見直すことが必要ではないかな?
勝てばいいと言う勝利至上主義に毒されているのでは?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる