ここから本文です

当面必要な生活費を除いた余裕資金の資産運用に関して、 今までIPO狙いで複数の証...

アバター

ID非公開さん

2018/7/700:23:00

当面必要な生活費を除いた余裕資金の資産運用に関して、
今までIPO狙いで複数の証券会社でネット口座を開いてチャレンジしていきましたが、今年は1度も当選できませんでした・・・

このまま資金を寝かしておくよりも運用した方がいいと思い、
IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)の方に相談してみました。
その結果、「国内生保の米ドル建て債権4%/年(残9.2年)で運用し、
配当に給与の一部を加えつみたてNISA枠で投資信託を買う」ことを勧められました。

メリット:債権で安定して配当を貰いつつ、投信で中長期的に資産を増やせる。
今まで株の個別銘柄で損失を出すことのほうが多く、ほどほどのリスクで4%は魅力的。
将来的には円安になると考えており、為替益も狙える。

デメリット:株や投信でうまく行けば4%/年以上の運用成績が見込める。9.2年資金が拘束されてしまう。円高のリスクもある。最低投資額が5万ドルからで余裕資金のほとんどがなくなってしまう。

相談なのですが、皆さんなら550万円をどのように運用しますか。理由もつけておすすめの運用方法をご教授いただければ幸いです。
①米ドル建て債券+配当で投信で手堅く運用
②向こう数カ月で複数回にわけ投資信託や個別株を購入
③向こう数年に渡り積み立て投信でコツコツ投資(使わない費用はIPOチャレンジ)
④証券会社の窓口で運用し、IPOを裁量配分してもらう。(550万程度だと相手にされない?)

②だと資金をフル活用できる一方、ハイリスクハイリターン
③だと時間分散でリスクが少ない一方、待機資金が多く効率が悪い気もします。
そうするとIFAの方が勧める①もいいのかなとも思います。

補足30代前半既婚者です。老後資金なので30年くらい運用予定です。

閲覧数:
368
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

miy********さん

2018/7/715:46:00

① これは、昔、30代の頃やってましたけど、為替リスクがこんなに損するもんかなあという位に、大損しました。外貨建てにするのは、タイミングが大事で、リーマンショックの時とかは、よかったと思いますけど。今ではない気がします。アベノミクス前でしたから、日本株インデックスに乗り換えて、すぐ元は取れましたけど、若い頃で、相当悩みましたね。他人の薦めるものでも、複雑怪奇なものは、危ないなあと感じました。

②年末に向けて、上げ下げはあると思いますけど、無難な選択だと思います。あまり大きく儲けようせずに、早めに利確する事で、リスクは少なくできるでしょうし、少額から挑戦してみてもいいと思います。

③投信を長期運用するなら、次々と次世代に向けた有望な商品が出ていますから、海外株式のものを自分なら買います。日本株は、東京オリンピック前後で波乱がある気がします。IPOはなかなか当たらないですね。

④残念ですが、IPOのブックビルディングを裁量配分してもらうには、550万では相手にしてもらえないです。
何千万~億単位の金融資産を持ってるお客様優先だなあと感じます。

という事で、②と③です。自己責任でお願いします。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/7/718:23:08

    ご回答ありがとうございます。
    >① これは、昔、30代の頃やってましたけど、為替リスクがこんなに損するもんかなあという位に、大損しました。
    IFAの方は絶対に損しないとは言えないが、よっぽど円高にならない限り損する可能性は少ないとのことでした・・・その方は今後少子高齢化&ゼロ金利のため円安になると考えていました。miyさんは今後円高になるとお考えですか。

    >②③自分の調べ方が悪いのか個別株は損することが多いです。オリンピック付近で波乱は多そうですね。国内外問わずおすすめの銘柄はありますか。

    >④やはりこの資金量だと裁量は厳しいですよね・・・

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/7/12 07:27:00

皆様貴重なアドバイスありがとうございました。
どの方にするか迷ったのですが、全ての質問にご回答いただいたmiyさんをBAにしたいと思います。

米ドル建て社債に大半をつぎ込むのはやめて、長期の投資信託(米国や世界)積立をベースに、余剰分は低位株や1〜2年満期のソーシャルレンディング(複数分散)で分散投資したいと思います。

ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

g3g********さん

2018/7/707:33:23

為替はバランスです。
利率4%の米ドルと利率ほぼゼロの円が釣り合っているので、将来的には、この利率差を埋める様に円高に向かいます。

もっともそれは平均的な流れで、一時的に円安になる可能性はありますので、その時に売却するつもりなら良いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nom********さん

2018/7/707:18:35

株の個別銘柄

コカコーラを買って、手堅く配当狙いだね

利回り4%で良ければ、不動産投資信託でもいい

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mik********さん

2018/7/701:35:55

●投資対象は国際分散株式
30年もの長期投資で積たてができるなら、国際分散株式の投信一択です。(それ中心のバランスファンドもまあまあOK)少ない資金からコツコツ買えること、そして最低でもインフレ資産にすること、それから世界経済の成長を取り入れられる資産にしなくてはいけないですね。

具体的にはMSCIコクサイや、FTSEグローバルなどをベンチマークにするもので、低コストなら何でもいいと思います。

メジャーなものではニッセイ外国株式インデックスファンドなどがそれらに該当します。ネット証券で必ず注文したほうがコストが安いです。


●個別株を買う必要はありません。
「アクティブファンドの不都合な真実」などで検索してもらえれば、個別株を買う必要性がほとんどないことがわかると思います。もちろん、僕は個別株も買いますし尊敬する投信運用者はアクティブファンド経営者だったりしますが、個別株の選定というのは、業績やトレンドなどに振り回されている間は紆余曲折して結局負けます。ベイリーギフォードや、フィデイリティなど世界を代表するアクティブファンド経営陣と、普通の日本の個人投資家とでは、選定する目が全くちがいます。彼らは一時のトレンドや業績など眼中にありません。
なのでよくわからない間はインデックスで十分かと思います。


●国債を買う意義が感じられない
少なくても米国もまだ利上げは続き、ドラギ総裁以降はECBも利上げに移行、日銀もやがてそういう状況になるという時に長期債をあえて買う意味が全くないです。さらにそれ以降を考えるなら、ますます国債は選択肢になりません。あくまでヘッジ程度です。(ただし日本人の場合、外債はヘッジにならない)
世界の大手投信でも長期債から、短期債の価値を見直してるののはこういう理由があるわけです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる