ここから本文です

豊臣秀吉は、なんのため、田畑の広さや収穫高を調べさせたのですか??

アバター

ID非公開さん

2018/7/1123:21:05

豊臣秀吉は、なんのため、田畑の広さや収穫高を調べさせたのですか??

急ぎです!

補足ごめんなさい忘れてました、
「年貢」という言葉を使って理由を書かなければなりません。

閲覧数:
95
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

si7********さん

2018/7/1415:52:24

年貢…今で言う所得税をどれだけ徴収できるかを明確にしたいため
でしょう。
ちなみに、予算とか決算といった概念を確立したのは若い頃の
秀吉らしいですよ。
「太閤記」に出てくる逸話で、織田信長に仕えていた頃、薪奉行を
命じられたときにその萌芽が現れているかと。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tom********さん

2018/7/1209:28:55

農民でしたから、政府の帳簿に乗っていない田畑がたくさんあることを知ってたんでしょうね。
だから、自分が天下を取ったら本当の生産力を把握したくなったんですよ。
自分の命令で大名をどんな土地にでも挿げ替えることができる。
10万石と思ってそこを振り当てたのに、
実は20万石の生産力があったなんてばかみたいじゃないですか。
自分と自分の子飼いの部下には少しでも多く。
自分の敵対者には少しでも少なく。
そのための検地でしょう。
刀狩もその一環です。
信長が採用した常備軍という制度を、
全ての大名たちに採用させ、
農民たちの武装を解除して、
有事の際に軍勢が急膨張することがないようにと。

kaz********さん

2018/7/1209:13:22

年貢を 正確に徴収するため

耕田の面積を
徹底して 検地させた

これが いわゆる
太閤検地

で ある

pea********さん

2018/7/1208:26:54

税金の額を定めるためです。
例えば、100万石で五公五民であれば、農民に50万石分払わせました。

pmk********さん

2018/7/1123:38:04

年貢をきちんと納めさせるため

iko********さん

2018/7/1123:23:50

税金をちゃんと取るため

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる