ここから本文です

税理士の税務代理権限証書について 税理士の税務代理権限証書にある所得税の税...

アバター

ID非公開さん

2018/7/1210:55:23

税理士の税務代理権限証書について

税理士の税務代理権限証書にある所得税の税目が2種類あります。
申告に係るものと源泉徴収に係るもの。

この二つはどのように区分されているのですか?

普通の会社でしたら所得税申告に係るもの、法人税、消費税、所得税源泉徴収の4つともチェックされているものですか?

閲覧数:
1,034
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2018/7/1211:00:46

所得税→納税者の申告の中身に関することです

源泉所得税→納税者が源泉徴収義務者の場合における給与や、司法書士等の源泉に関することです

法人相手であれば、法人税、消費税、あたりは必須ですが、源泉所得税に関しては関与せず、法人側で処理しているところも多いのでなんともいえません。

源泉所得税にチェックを入れていなければ、従業員の給与の源泉に関することを税務署が税理士に聞くわけにもいきません

アバター

質問した人からのコメント

2018/7/12 15:02:53

丁寧に回答くださいまして有難う御座いました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

oio********さん

2018/7/1211:40:34

税理士です。
所得税申告に係るものはあくまで確定申告をする場合の
権限証書にチェックをします。

源泉徴収は法人、個人に関わらず給料など源泉徴収をしている場合の
権限証書にチェックをします。


法人であれば所得税申告にかかるものにはチェックしません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる