ここから本文です

幻視幻聴ってなんでしょう。 幻ってなんでしょう。

clo********さん

2018/7/1312:24:28

幻視幻聴ってなんでしょう。
幻ってなんでしょう。

なんでも幻覚を科学技術で合成できるようでして、まあ認証でそういう心証イメージを作ればそう幻覚がみえるでしょうし、可視光線に化学反応起こせば見えるわけですし。

閲覧数:
39
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kan********さん

2018/7/1501:50:21

脳波の測定、コンピュータープログラムで言語を送信する、自動化を進めたもので。
通信技術で脳活動データを収集し、送信プログラムを組み立てています。
ブレインマシン開発でもあり、ai開発でもあり、通信技術で一方的に介入して都合よい状況をつくりだしています。

幻聴被害者には
脳活動測定でストレスを感じたデータにたいして、罵声、暴言(馬鹿、4ね、笑い声などを)を組み立てたプログラムで送信していますね。(その幻聴、信者への通信で騒音を起こし睡眠妨害も)(その騒音さえも幻聴として送信して争うように発展させることも)

また、脳のデータ収集をaiプログラムで送信してつなげ、集団ストーカー活動を起こさせてもいます、通信兵器ですね。(物音、壁ドン的な音も作り出せる幻聴を隣の住人に聞かせることもできる、誰にでも聞かせられる)

ジョージアガイドストーンの3項目目に書いてあるもので(新しい生きた言葉で人類を団結させる)開発を進め、コントロールを目指しています。

また脳へチップを埋め込める開発を進めていてます、イーロンマスクのニューラリンクなどでもあり、グーグル、マイクロソフトのポールアレンなども脳科学研究、人工知能研究所をもち、進めています。


人口削減と医療利権、社会統制、監視、ai通信による指示、開発、スーパーコンピューターと人工衛星とレーダー基地を作り、権限のあるものらによる身勝手な活動です
このシステムを、構成を破壊しなければ、やりたい放題です権力者どもの

現状は主にアメリカ政府による活動ですけど
世界各国で行われていて
ai開発スーパーコンピューター連動での支配を進めてます

こいつらを駆逐しないと身勝手な電磁波照射での通信開発で送信され幻聴を(ストレスを与える言語)おこし、その他、通信でマインドコントロールして集団ストーカー活動や政治家、官僚、企業などを(人を)管理しています

その通信での幻聴といわれるものは、より左側から聞こえるようです。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/audiology/57/6/57_659/_pdf

レーダーやfmri技術のようなもので脳活動をデータ化してaiプログラムで選択し、一次聴覚野受信周波数域に変換し送信することで、信者らへ指示をだし、コントロールしています、もう一方でストレスを与える言語を送信して被害を訴えるかただけが幻聴とされ精神病扱い(ない病気を病気と認識できるように理論付けたもの)されるように作り上げています。これらの活動でスパイキングニューラルネットなどを開発しています。

幻聴を起こし、被害を加えられてる方々が被害を訴えて精神病にされるだけです

ほかの信者らへは通信の内容が違うだけです(その通信指示に従っています、もちろん職業は関係なく、警察、医者等にも存在しています)

幻聴被害者らは、脳活動データにストレスを、激怒をもとめるようにプログラムが組まれています
そのプログラムをaiで自動化して言語を選択して電気信号に(電波、超音波等、電波すべての類)変換して状況、環境の変化に合わせての送信を開発して進めているのが今のこの社会で起こされてることです


また身体的に肩こりなどを起こす類の電波類を照射し(ストレスを継続的に与えて身体的に異常を起こさせ、も含む)別で同時的に一次聴覚野にも送信してると考えます

人工衛星を打ち上げ、管理できるものです
それとスーパーコンピューターとレーダー施設をもち、権限があるものらです。

通信によるコンピューター管理を目指した活動ですね。
開発とともに増加していくと考えます。
CFRですね
https://www.youtube.com/watch?v=hodLdRUP0FU
https://www.youtube.com/watch?v=aNj5BU_HR8s

  • 質問者

    clo********さん

    2018/7/1502:16:23

    まず最初に懇切なご丁寧なコメントをありがとうございます。
    心より深く御礼申し上げます。
    非常に有益な為になるお話です。
    一応私の推測内のことではありましたし、インターネットにも電波など通信関係と脳についてのことも一応は知ってはいました。
    非常に対策しなければならない、重要なことであると理解します。
    一般に科学技術においての倫理エシックethicモラル、コンプライアンスの遵守が必要であると数十年前から話が雑誌などでもでていたように想います。
    理工学部とか医学部などでは、バイオテクノロジーナノテクノロジーの研究をしているようですが、非常にそういった点を考慮しなければならない。これは情報が氾濫している状態で、どういったことか非常に対策として曖昧なだけでは回避できていないというのが事実であるかと想います。非常に有益な示唆を得れました。ありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/7/18 16:22:19

非常に懇切丁寧にご説明しただきありがとうございました。本当にありがとうございます。一応そういった情報が信憑性高いという妥当性をもったものだと感じましたので、本当に為になりました。
ベストアンサーにえらばせていただきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pat********さん

2018/7/1722:51:26

幻視はともかく、幻聴は科学技術として可能なようです。

「テレパシー通信の理論 : マイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信」というタイトルの学会発表があるぐらいですから、テレパシー通信を使えば、幻聴になるでしょうね。

文献
https://ci.nii.ac.jp/naid/40021215642

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる