ここから本文です

なぜ、日本の国産戦闘機は、三菱F- 1だけなんですか?

アバター

ID非公開さん

2018/7/2105:44:31

なぜ、日本の国産戦闘機は、三菱F- 1だけなんですか?

F- 2は共同開発、F- 3も共同開発だから、三菱F- 1だけが純国産の戦闘機なんですか?

閲覧数:
208
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fb1********さん

2018/7/2107:40:04

三菱F-1 三菱T-2 実機の整備&兵装訓練 機体洗浄
作業支援要員なども長年していた過去での事実 経歴での私
からの回答をしておきますね。

水をさす?ようですがね。で~も~ね~ 事実で本当の事でね。

T-2 三菱F-1 純国産 では・・・ない!のでね。

何せ、推力でのエンジンは、英国のロールス・ロイス社製の
TF-40-801Aエンジンをライセンス生産化

アドーア・エンジンでの別名で、エンジン整備員の方は
言動をしていましたし、

HUDは、フランスのミラージュⅢ戦闘機での実績等で
有名になった トムソン社製の分を 三菱電機がライセンス
生産をしていたのでね。

J/AWG-12レーダー UHD等の整備などをしていたのでね。

国産での戦闘機 でも・・・純国産ではない!のでね。

T-2 F-1の開発設計運用、当時の政治&外交面での事は
ウキペディア等には、ある程度書いてあるのでね。

アバター

質問した人からのコメント

2018/7/27 22:03:13

エンジンなど外国製で純国産じゃなかったのですか。
回答、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ls1********さん

2018/7/2522:21:28

F-1はエンジンが海外製のアドーアをライセンス生産したもの。よって、日本が最後に実用化した純国産戦闘機は大日本帝国陸軍の五式戦闘機。

ライセンス生産やノックダウン生産を国産と言ってよいのなら空自の戦闘機で国産じゃないのはF-86DとF-35くらいしかなく、しかもF-35は近々ノックダウン生産ができるようになる予定。

aam********さん

2018/7/2217:05:29

F-1はエンジンはヨーロッパ製なので、純国産ではない。
エンジンは、ロールス・ロイス・チュルボメカ RT.172 アドーアのライセンス生産品。
で、そのエンジンもアドーアの悲劇ってのがあってな。散々だった。

C-2は機体は日本で開発したものの、エンジンはアメリカ製(767と同じ系統のエンジン)なので、国産輸送機。
P-1はエンジンも日本製なので、純国産哨戒機。というのが普通。


F-1は、T-2高等練習機を発展させた攻撃機(攻撃機という呼称が使えないから支援戦闘機)。ただし、短距離空対空ミサイルも装備できたので、スクランブル任務には就いていた。

F-1の後継であるFS-X(現F-2)も、1980年代~90年代の技術で、国産戦闘機を開発していたとして、成功した戦闘機になっていたという保証はない。そもそも当初からエンジンはアメリカ製の予定だった。失敗していた可能性も十分にある。



F-86Fセイバー、F-4E、F-15C/D(F-15J/DJのベース)(F-86DとF-104J/DJも採用はしていたが)を超える戦闘機を、日本が当時開発できたと思うかな?どれも当時の傑作戦闘機なのだが。

F-1はエンジンはヨーロッパ製なので、純国産ではない。
エンジンは、ロールス・ロイス・チュルボメカ RT.172...

mig********さん

2018/7/2113:16:27

▼【”F-3”】が共同開発とは、決まってない(選択肢として有る)。
▼ F-1・F-2の時は、まだJ・エンジンを日本は造れなかった。今は違う。F-22と並ぶ、推力15t級 J・エンジンの納入で、「F-3」の独自開発が可能でしょう。ただ実戦配備する1930年代に時代遅れの陳腐化したものに成っては何んの意味もない。日米同盟は日本の生命線なので、そのバランスも重要。
搭載兵器その他で共同に成る可能性も大いに有り得る。

▼【政府、国産ステルス戦闘機「F-3」開発へ↓戦後初、エンジン製造にめど】
http://www.sankeibiz.jp/business/news/150317/bsc1503170500010-n1.ht...
▼ 数回の研究試作を経て、XF9-1は2018年6月に所定の機能性能を満足する事を確認し、納入の運びと成った。日本が世界に誇る材料技術・加工技術を随所に採り入れた↓戦闘機用エンジンのプロトタイプエンジン。
◆【IHI:戦闘機用ジェットエンジン・プロトタイプ(XF9-1)】
http://www.ihi.co.jp/ihi/all_news/2018/aeroengine_space_defense/201... ▲ コアエンジンの目標である高圧タービン入口温度1,800℃における作動健全性の確認を完了。

◆ 動画【日本初の国産ステルス機↓ATD-X(心神)開発~完成へ】
https://www.youtube.com/watch?v=8Gp9jCDrlFM
◆ 高いステルス性能と↑高機動性の両立に成功した。
▲ 「ジェット・エンジン」は、IHIが開発、世界最高水準の燃焼効率を達成。

▼【”F-3”】が共同開発とは、決まってない(選択肢として有る)。
▼...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mi5********さん

2018/7/2111:24:30

「F- 2は共同開発」であってますが、「日本の国産戦闘機は、三菱F- 1だけ」と「F- 3も共同開発」は現状ではあまり正しいとはいえません。

日本が国産の戦闘機(の実用機)を作ったのは、太平洋戦争以後は1度もありません。

2018/7/2107:45:36

「純」国産…あ、やっぱ指摘あるか。
純国産:自国内で作られたものであることを意味する語。
拡大解釈したらノックダウン生産も?ぃゃ、こりゃ拡大しすぎか。

まぁ、世界的傾向とでもいうのか?戦闘機開発を
予算等の関係で単独でやれる国何てわずかだ。
マニア的には残念な感じであろうけどねぇ。

しょっぽクン

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる