ここから本文です

60年代はエリック・クラプトンは速弾きだと認識されていたのですか? あの程度で...

アバター

ID非公開さん

2018/7/2210:14:11

60年代はエリック・クラプトンは速弾きだと認識されていたのですか?
あの程度で速弾きだったら、ビートルズがアビロードのThe Endでやってたギター合戦も、お、なかなかやるな!て思われるく

らいのテクニックと捉えられたのでしょうか。

補足当時、クラシックやジャズ、フラメンコなどロック以外のジャンルではもっと速く弾ける人たくさんいたでしょうに、なんでスローハンドって逆説的に言われるほどクラプトンが驚きだったのか、本当によくわかりません。。

閲覧数:
870
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

bob********さん

2018/7/2214:56:47

>クラプトンが驚きだったのか


驚きというより
「強烈に心に残った」んですよ。

速さだけが取り柄のソロなんて1、2曲
聴いたらもう充分でしょ?
音数に圧倒されるだけで、フレーズは
全然耳に入ってこないし。

速さを競う「スポーツ」ではなく
音楽は「芸術」だということでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pir********さん

2018/7/2522:26:30

テクニック即ち速さと捉える質問者レベルの認識力ではクラプトンが何をやっているのか理解できないと思いますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ave********さん

2018/7/2517:44:23

速弾きギタリストという認識はありません。ビートルズの「Back in the USSR」「Taxman」の方が速いです。
ロックにアドリブという「自由」を持ち込んだのが、当時のECとジミヘンです。メカニカルなテクニックなら彼らよりも上手い人はゴマンといました。

eik********さん

2018/7/2217:57:34

100m走と同じく時代で進化していきますからね〜〜
一番目立つ土俵において当時速かったのでしょう。

当時、世界的にフラメンコやマイナーなジャンルには多くの速弾きギタリストがいたとしても、表舞台に出難いと認識され難かったと思います。

ロック部門の速弾きは、マーケット的に作られたのかもしれませんね。

mar********さん

2018/7/2216:48:26

ロックで60年代に速弾きって言ったらワシはまず「ノーキーエドワーズ」です
その後、アルヴィン・リーが出て来て来ましたが、
彼の速弾きはハンマリングとプリングを多用したスタイルでしたので
リッチー・ブラックモアの登場により直ぐに影が薄れてしまった感じはします。

ワシはクラプトンのギタースタイルが特に速弾きって印象は無いんですが、
印象に残るフレーズは多いですよね。

昔からカントリーやブルーグラスの世界だと物凄い速弾きのピッカーが沢山いましたよね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

hid********さん

2018/7/2213:30:58

アルビン・リーにしても、
フル・ピッキングじゃないからねぇ。

フル・ピッキングの速弾きってのは、
アル・ディ・メオラ辺りからでしょ!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる