ここから本文です

奈良の大仏の建造理由は表向きには鎮護国家を作るためとなっており実は長屋王の祟...

ja0********さん

2018/7/2900:38:40

奈良の大仏の建造理由は表向きには鎮護国家を作るためとなっており実は長屋王の祟りを封じるためなどと言われております。しかし私は現在でいうところのオリンピックのように国威発揚の目的でつくられたのではないか

と思っているのですがこれに関する皆さまのご意見をお聞かせください。
ちなみに私が大仏建造が国威発揚であると考えた理由ですがやはり仏教と当時の文明の関連性です。製紙技術・漢字・建築技術など当時の最新技術の多くは仏教と関係しています。なので大仏をつくり、日本が仏教をふんだんに取り入れた国とアピールする事は日本が先進国…とは言いませんがそれなりに高度な文明を持つ国であるとアピールする事に繋がると考えたからです。これはひいては日本が中国と対等の国であるという主張を強化する事にも繋がったのではと思うからです。
私にはいくら昔の人々といえども鎮護国家と言うものを本気で信じたりはしなかっただろうし祟りを鎮めるというだけでこんな大規模な事をするとは思えないのです。皆さまの意見をお待ちしています。

閲覧数:
84
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pin********さん

2018/7/2907:25:05

律令国家を目指す「日本」にとって、「仏教」は、「国家体制を護り維持する事」を期待された宗教だからです。
一面では、質問者の方の言われる「国威発揚」の側面もありでしょう!
「鎮護国家」を本気で信じたのは支配者層で、従事した一般市民はどうかであったか?。
「行基」規模の行いであれば、「仏教と生活」が一体ですが、国家規模の「大仏造営、国分寺、国分尼寺の造営」になると疑問です。
「長屋王の祟り」は後付けです。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ski********さん

2018/7/2917:33:54

長屋を自殺においこんだ皇太子呪詛事件がきっかけで仏寺建立に拍車がかかり、皇子追悼の意をこめて大仏建立へと発展します。

za5********さん

2018/7/2907:57:32

長屋王関係ないよ。すべての人を平等にするためだよ。

aka********さん

2018/7/2907:35:06

国威発揚も怨霊鎮魂も含めて、教科書的には鎮護国家という表現でいいのではないでしょうか?

won********さん

2018/7/2904:04:07

マジで長屋王の祟りを鎮めるためにやったのですよ。

民間人の立后に猛反対した長屋王に無実の罪を着せて自殺に追い込み、狙い通り光明子を聖武天皇の皇后にした藤原氏でしたが、聖武天皇との間に生まれた男子(基王)は産まれてすぐに早逝し、それから何年経っても世継ぎの男子は産まれない。

これはひょっとしたら長屋王の祟りでは?と光明子が思い始めたところに追い打ちを掛けるように、長屋王に無実の罪を着せた実行犯の光明子の4人の兄たちが、わずか半年足らずの間に次々に病死。

これで光明子はパニックになりました。間違いない、これは私や兄が殺した長屋王の祟りだ。西洋医学も近代科学もない当時の人々にとって、この世の不幸な出来事はすべて怨霊の仕業です。しかも光明子にはちゃんと身に覚えがあるのです。

このままでは兄たちと同じように自分も殺される。しかもこのまま男子が産まれなければ、自分たちの血筋はここで途絶えてしまう。(実際に聖武天皇の血筋は娘の孝謙・称徳天皇で断絶した。)

長屋王の怨霊に怯えた光明子が聖武天皇に懇願して全国に国分寺と国分尼寺を建て、都にその総本山の大仏を作ったのです。でも結局何の役にも立たなかった。だから平城京は大仏もろとも、大仏建立からたった30年で捨てられ、廃都となったのです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる