ここから本文です

藝大和声とフランス和声とドイツ和声の違いと特徴を教えてください。

アバター

ID非公開さん

2018/7/2917:04:05

藝大和声とフランス和声とドイツ和声の違いと特徴を教えてください。

閲覧数:
266
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ハイドンさん

2018/7/2919:02:56

ネットが使えないなら、書籍で調べましょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gdj********さん

2018/7/3009:49:28

フランス流の和声学の教本、たとえばデュボワの和声学や矢代秋雄の和声学の本なども出版されている(今はおそらく絶版)がパラパラっと見ただけでよく覚えていないので、あくまでも「多分」という前提で言わせてもらうと、

音楽そのものはひとつしかないわけだから理論そのもの(和声の配置、連結、禁則、カデンツ等)は差がないと思われる。

異なるとすれば和声記号か。

芸大和声は合理性、機能性を追求する立場を採り、例えば転回形にしても第1転回形ならローマ数字の右肩に小さく1、2転なら2という具合に表記していく。
それに対し所謂「バロック和声表記法」つまり根音との音程関係で表記していく方法(6の和音とか5・4の和音というた具合に)を採っているのかもしれない。
下総カン一など古い世代の人が書いた和声学教本はこの「バロック式」を使っている。

教会旋法については日本を始めとする多くの国でギリシャ旋法をもとにドリア旋法とかフリギア旋法と読んでいるが、メシアンらフランス人の理論本ではドリアを「Reの旋法」フリギアを「Miの旋法」といった具合にフィナリスの音名で旋法を表記する慣習がある。

あと異なるのは対象とする音楽の範囲か。

芸大和声はバロック・古典からブラームスやシューマンらドイツロマン派までの和声を扱っているが、フランスの和声学では自国の作曲家、例えばフランクやダンディ、あるいは東欧のショパンらの和声までカバーしているのかもしれない。

2018/7/2922:09:35

いくらなんでも、「西洋十二音」の和声に於いて、「主音」と「根音」は異なるというレヴェルでは同じです。

2018/7/2919:37:45

>違い
★至極簡単です。
藝大和声:日本語
フランス和声:仏語
ドイツ和声:独逸語

特徴は、よく理解していないので解りません。ドイツ和声は見たことすらありません。

///////

「ヨハン・ヨーゼフ・フックス」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%...

更に押し進めた、

「J.S.Bach」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%...
の技法から分化したもので、藝大和声は、フランス和声の古い部分のパクリでしょう。

フランス和声は「アンリ・シャラン」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BB%...
が付加されます。

わたしは、試験の為だけに勉強した付け焼き刃なので、全く解っていません。

///////

パチパチパンチの「島木譲二」は無くなってしまいました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる