ここから本文です

日本史に関する質問です。

spr********さん

2018/7/2919:44:46

日本史に関する質問です。

鎌倉時代、一族の長の惣領が庶子を統括していた、とありますが棟梁は惣領でもあるということでしょうか?

閲覧数:
51
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

usa********さん

2018/7/3110:42:57

棟梁という言葉があいまいなので、YESともNOとも言えますね。

まず惣領とは、一族の代表者のことを言います。
鎌倉時代には分割相続が基本なので、御家人の家は相続が発生するたびに分家が独立していきます。

どんどん細切れになってく分家に対して、幕府はすべてを管理するわけではなく、宗家の家長(つまり惣領)を代表者として、一族に対して軍役などを指示したり、恩賞を与えたりします。

惣領は責任をもって一族を指揮して幕府の指示に従い、受け取った恩賞を一族内で分配したりします。

大きな、惣領家になれば、地方の武士団の棟梁と言えるかもしれませんが、棟梁が何を指すかにもよりけりなので、一概に惣領=棟梁とはいえません。

仮に棟梁が武士の棟梁を指すなら、それは鎌倉殿(征夷大将軍)のことなので、惣領とイコールではありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/8/5 18:52:50

すみません!ベストアンサーにするのを忘れていました。ありがとうございました(^_^)

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる