ここから本文です

NBAのジャリルオカフォーについて

アバター

ID非公開さん

2018/7/3001:14:22

NBAのジャリルオカフォーについて

彼はまだどこのチームからもオファーをもらっていませんが何がそんなに悪いんでしょうか?デフェンス?素行?
最近のワークアウトの動画を見る限り外のシュートも練習ではありますがスムーズに決めています。まだ若いですし元々はKATと比べられるような選手でした。
昨シーズンのNETSの試合を見た方などの意見が知りたいです。

閲覧数:
157
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mar********さん

2018/7/3007:55:26

悪くはないんですよ。需要が無いだけで。

彼の最大の特長は「ペイント付近からの得点力」だと思います。そこからの1オン1が一番の売り。

今、こう言う選手で売り出して成功してるビッグマンっていますか?

アル・ジェファーソン、グレッグ・モンロー、ティモフェイ・モズコフ、ドワイト・ハワード・・・。こう言う選手がいますが、みんな需要が無い。ポストに入れてオフェンスを組み立てる時代が終わったんです。

ビッグマンが求められてるものはなにか?まずは、リム周りペイントを守れて、ある程度、ぺリメーターも守れる選手です。代表的な選手は、アダムズ、ゴベールです。

オフェンス面でロングレンジがある選手も優遇されます。タウンズ、エンビード、ポルジンギス、ラブなどがそうですね。

あとは、ガードのドライブに合わせて動けるストレッチ性がある選手も重宝されます。カペラ、ホワイトサイド、ジョーダンなんかはそうですね。

そして、バスケIQが高くて起点となれるセンターも台頭してます。ヨキッチやヌルキッチ、ブーチェビッチなどはそうですね。

あと、今は居ませんが、ボーガットやダンカンのようにスコアリングガードにスクリーンが抜群に上手い選手も使われます。

要するに、ビッグマンはリム回り&ぺリメーターを守れてディフェンスが出来ること、ストレッチ性があること、チームに連動して動けること、直接得点にならない汚れ仕事が出来ることが大事です。汚れ仕事代表が、バランチュナス、ゴータッドですね。

オカフォーはどれも当てはまらない。需要が無いんです。ペイント付近はほんと上手くてテクニシャンですが、ペイント内だと60%以上の確率で決めてもらわないといけない。3Pだと40%で同等です。さすがのオカフォーでも50%をクリアするのが限界でしょう。そうなると、3Pでは34%程度の力です。NBA平均で3P確率が35%を超える時代なのでぺイントで55%以下のシュート確率は非効率となります。

よって、オカフォーの需要はNBAにはない。逆に中国、ヨーロッパ、日本にはありますよね。典型的なセンター不遇の時代です。

アバター

質問した人からのコメント

2018/7/30 18:17:46

分かりやすく現状のビッグマンの価値について教えていただきありがとうございます。本当にクラシックタイプのビッグマンは不遇の時代ですね…彼はまだ若いので頑張ってもらいたいですが…

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

shy********さん

2018/7/3005:25:02

彼の悪い点は主に

・ディフェンスの悪さ
・球離れの悪さ
・チームプレーができない
・スクリーンなどの汚れ仕事ができない
・素行の悪さ
・練習への態度
・ペイント内しかオフェンスパターンがない
などが問題だと言われてます。

特にディフェンスと球離れの悪さはかなり酷いです。
今のNBAでチームプレーができないセルフィッシュなだけでも価値がないのにディフェンスまで悪いとなるとドアマットのチームでもいらないでしょう。
さらにプレーを見ても全く向上の余地がなく、シクサーズ、ネッツでの練習への取り組みも酷かったようです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる