ここから本文です

【民事訴訟法】判決は確定しなくても債務名義になるという話はおかしいと思います...

tak********さん

2018/7/3013:06:23

【民事訴訟法】判決は確定しなくても債務名義になるという話はおかしいと思いますが、控訴するときに担保を今日しないと執行される可能性があるため、

控訴するときはお金がとてもかかることがあるという話を聞きました。
本当ですか?
控訴するときに強制執行を逃れるために担保が必要ならばたまらないと思うのですが・・・
116条2項があまりうれしくなくなってしまいます。
ご教示よろしくお願いします。

補足もしかすると、これは請求異議の訴えをしたい場合ですか?

閲覧数:
60
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tan********さん

2018/8/309:26:54

民事訴訟で控訴をする場合は、1審で納付した印紙代の1.5倍
と郵便切手代が1千円程度高いだけです。

*弁護士に依頼をしていますと「控訴着手金(高額)」が必要で
す。

仮執行宣言付判決(1審判決)での強制執行は可能ですが、現実
の現場で裁判所執行官に相手が控訴をした事での執行を相談しま
すと、「裁判所としては申請が有れば強制執行は可能ですが、後
日に判決にて相手に債務が認められないと返済の手続が大変な為
裁判所執行官としては判決確定まで執行を控えたい」が裁判所執
行官の回答です。

私も1審判決で裁判所から強制執行を申請しようとしましたが(
相手が控訴審で不利な判決(棄却)された場合は逃亡の可能性が
高い)、裁判所執行官に拒否をされた経験が有ります。

裁判所執行官の強制執行に異議を唱えて裁判所に申し出る場合は
地方裁判所での審議になりますので、「強制執行を逃れるために
担保が必要」と言えるでしょう。

ただし控訴審で債務の不存在を争う訴訟で新たに債務の不存在で
の強制執行での異議を申し立てるのは「同じ事件を争う事になる」
ので、判決が確定をしていませんと強制執行での異議申し立ては
出来ないです。


結論:裁判所1審判決にて仮執行宣言付判決で強制執行は可能で
すが、執行での裁判所執行官の判断にて申し立てでの強制執行は
受け付けません。

質問した人からのコメント

2018/8/3 14:19:32

実務的なお話、大変勉強になりました。
やはりこれをぼんぼんやられちゃうとたまらないですよね。
ご教示ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

2018/8/308:55:13

別におかしくはない、

仮執行宣言付きなら、確定してなくても仮執行ができるから。

確定してない判決でも強制執行できる制度を仮執行と言うんだから。


一から出直したまえ。

pot********さん

2018/7/3113:18:03

>控訴するときに担保を今日しないと執行される可能性があるため、控訴するときはお金がとてもかかることがあるという話を聞きました。
本当ですか?

ウソです。

>控訴するときに強制執行を逃れるために担保が必要ならばたまらないと思うのですが・・・

本当です。

第一審で勝訴した人の立場は?

mak********さん

2018/7/3015:30:34

どう言っていいか悩みますが、とりあえず控訴において執行停止の申し立てをする場合についてさだめた民訴法403条を読んで考えてみるのはどうでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる