ここから本文です

英語の丁寧語と柄の悪い言葉

e_a********さん

2008/9/2323:36:59

英語の丁寧語と柄の悪い言葉

私は英語はすごく苦手で基本的なこともわかりません。

ところで英語では丁寧な言葉
普通の言葉
柄の悪い言葉の違いはあるのですか?

漫画や洋画などで見ている限り違いがわかりません。
和訳の違いだけに見えます。

たとえば
お前、キサマ、あなた、貴殿はすべてyouですよね?

わたし、わたくし、俺、僕、ワイなどもすべてmeですよね?

これらのニュアンスの違いは英語にはあるのでしょうか?

補足すいません。
英語が苦手なために程よい質問の仕方がかわりません

ただ(カタカナでごめんなさい)
サンキューもファックユーも同じyouなんだと思ったとき

不思議に思ったもので…

閲覧数:
892
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

opu********さん

2008/9/2402:00:29

英語にも丁寧な言い方、表現はあります。確かに一般的に「あなた」は"you"で私・僕は"I (me)"です。丁寧な言い方だと男性を呼びかけるときは"Sir,"女性には"Miss (Madam)"といいます。王様や偉い人には"Your Honor,"と呼びます。しかし、一般的には日本語の様に「敬語」や「謙譲語」という「単語」はほとんどありません。丁寧な「表現」や謙遜の「表現」となります。だから英語圏の人は自分は丁寧に話している、謙遜して話しているという立場を主張したいから話の中でそれを表現し、クリアにしようとします。それ故に理由や原因を延々と話す場合が多いのです。よって、要件を言う前に色々と前置きが長いな~と思う時があるでしょう。英語を話す人と会話をしてみるか、映画やドラマなどでよく聴いて見るとわかります。皆、自分のスタンスをはっきりさせる表現をします。それは自分の身分、立場、意見を含めて自然に自己表現や自己主張をしているからです。もっと別の具体的な質問をしてもらうと説明しやすいですが、大まかに言うとそういった感じです。

質問した人からのコメント

2008/9/30 21:57:12

すみません。
こればかりはベストアンサーを決められません

ただ投票に任せるのも無責任だと思い
あえてこちらを選ばせていただきました。

お二人ともありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2008/9/3001:05:19

私は帰国子女ですが、実際はopusbc0417さんの言っているのとはちょっと違います。体(ジェスチャー)と、声の強弱、表情で伝えます。怒っているなら睨む、怖いなら怯えた顔。それで伝わるのが言語です。
どんなに優しい言葉でも、怒りを隠したような薄笑いで言われると、逆に怖くなりますよね。ちょうどそんな感じです。
ファックユーでも笑いながら言えば、「いっぺん死ねや」とふざけて言う感じになり、真顔や怒り顔で言えば「死ね、クソ野郎」という強い意味になります。
なので消極的な日本人には少し分かりにくい難しい言語と言えます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる