ここから本文です

カナディアンソーラーの設置パターンについて相談です 以下の4パターンでの設...

アバター

ID非公開さん

2018/8/423:31:36

カナディアンソーラーの設置パターンについて相談です

以下の4パターンでの設置を考えています。

固定資産税、所得税、パワコン交換費用を含めた20年間の収支、各パターンのメリット・デメリットについてアドバイスください。新築、屋根はガルバリウム、方位は30°、余剰買取はどのパターンでも同条件です。設置金額のkW単価はどれもほぼ同じです。

①モジュール出力9.84kW(CS6A-240MS、41枚)
パワコン出力8.8kW(CSP44G3D、2台)
設置角度4寸

②モジュール出力14.4kW(CS6A-240MS、60枚)
パワコン出力9.9kW(CSP44G3D1台、CSP55G4D1台)
設置角度4寸、2.2寸

③モジュール出力14.4kW(CS6A-240MS、60枚)
パワコン出力11.0kW(CSP55G4D、2台)
設置角度4寸、2.2寸

④モジュール出力14.4kW(CS6A-240MS、60枚)
パワコン出力13.5kW(CSP44G3D2台、CSP55G4D1台)
設置角度4寸、2.2寸

①は、初期投資費用が一番安い。固定資産税がかからず、所得税もかかる可能性が低い。
②は、投資回収期間が一番短い。固定資産税がかからない。
③は、パワコン交換費用を考慮すると20年間の収支が一番良い?
④は、③のピークカットとパワコン交換費用の兼ね合いで、③より収支が良い?

よろしくお願いします。

補足早速のご回答ありがとうございます。
場所は兵庫県の播州地域です。関西電力も連系費用を考慮しておいた方がいいでしょうか?
ピークカットをあまり気にしなくていいのであれば、3がいいと思ってるんですかいかがでしょうか?
勉強不足ですみません。1入力1面配置について教えてください。

閲覧数:
82
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

cra********さん

2018/8/513:32:57

②③④は①よりも容量が大きいのに、kW単価が同じというのは割高感がある。
2面設置でコストアップと相殺されているのですかね?
といっても、kW単価は20万円を切っているのでしょう。

マルチパワコンだけど、1入力1面配置にするように注意くだされ。

③④は連系費用等の追加費用も検討する必要があります。

電力会社によっては、力率一定制御や出力抑制制御もあるので、それも考慮していますか?

③は過積載率1.3なので、電力会社に力率一定制御されないのであれば、ほとんどピークカットは無いです。地域にもよるけど年間0.5%もないかも。

  • cra********さん

    2018/8/711:02:59

    関電は95%の力率一定制御があるので、③の過積載率は1.38になります。でも、播磨と屋根の条件だとピークカットは1%もないでしょう。

    連系費用は連系点の変圧器等の条件で異なるので、関電に聞くしかないです。

    マルチパワコンの各入力ごとに、パネルを設置する屋根面を同じにするということです。たとえば、4入力あるとして、入力1と2のパネルは4寸屋根のみ、2と3は2.2寸屋根といった具合です。

    入力1のパネルの何枚かが4寸で残りが2.2寸というように、同じ入力回路で屋根面が異なるのは避けて下さい。効率悪くなるので。

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる