ここから本文です

直流送電の説明文です。 ここでいう「短絡容量」とはどういう意味でしょうか? ...

why********さん

2018/8/601:08:15

直流送電の説明文です。
ここでいう「短絡容量」とはどういう意味でしょうか?

どうして短絡容量を増加させないで連係出来るのでしょうか?

直流送電,短絡容量,説明文,短絡電流,短絡事故,線間短絡,電力変換器

閲覧数:
110
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

hek********さん

2018/8/605:59:09

短絡容量は事故などで線間短絡が起きた時の短絡電流に対応する値(短絡電流*定格電圧)

単純に二つの系統を直接つなぐと、一方で短絡事故が起きると、他方の系統からも電流が流れ込んでくるので短絡電流が大きくなる

で、直流送電の場合には電力変換器を繋いで接続するので、流れ込む電流を高速に制限できる(短絡事故が起きても、直流送電の電流は変わらない、てな運用ができる)ので短絡電流を増やさずに済む、と
(もひとつ、通常使われてる直流送電は電流型変換器が使われてるので、交流側で短絡しても交流電流は直流電流で制限されている、てのも)

  • 質問者

    why********さん

    2018/8/620:09:44

    短絡容量の説明ありがとうございます。
    短絡電流*定格電圧 なのですね。勉強になりました。

    >単純に二つの系統を直接つなぐと、一方で短絡事故が起きると、他方の系統からも電流が流れ込んでくるので短絡電流が大きくなる
    →これは「ある交流の系統」と「他の交流の系統」を接続した状態で短絡事故が起きると・・・、という事でよろしかったでしょうか?


    >で、直流送電の場合には電力変換器を繋いで接続するので、
    →「電力変換器」とはどういうものなのでしょうか?
    「ある交流の系統」と「他の交流の系統」を接続した系統であっても、「変圧器」といったような「電力変換器」が使われているような気がするのですが?

    教えてください。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる