ここから本文です

年金と足りない分を生活保護で暮らしています。 クーラーの購入金を社会福祉協議...

ten********さん

2018/8/615:35:15

年金と足りない分を生活保護で暮らしています。
クーラーの購入金を社会福祉協議会から借りることになりました。2000円ずつ返します。
わからないのが返済です。控除が受けられるようにな

ったと言うのはどういう意味なのでしょうか?返済金2000円は毎月の保護費に加算して役所が振り込んでくるということなのでしょうか?

閲覧数:
173
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ryu********さん

2018/8/619:44:53

>控除が受けられるようになったと言うのはどういう意味なのでしょうか?
H23の運用見直しにより、冷房設備(クーラー)の購入を社会福祉協議会の貸付を受けて行った場合、社協への返済金の分については、収入認定から控除していいという扱いです。

この場合、何らかの収入(就労収入でなくても、年金や援助収入、家族手当・児童扶養手当等の福祉支給金でも可)がある場合、その収入認定額から、毎月の返済金を控除していいということになります。

この結果、その控除の分だけ保護費支給額が増えますので、結局その増えた分を返済額に当てれば、実質本人の負担なしに返済できるということになります。

この取り扱いの問題点としては、
①借受先は社協に限り、民間金融機関や一般のローンは対象外。
②控除すべき収入がなければ、単なるローン容認にしかならない。
の2点がありました。

このうち
①については、社協に借入残があり、新たな借り入れできない場合は使えない。また、社協の貸付に際して、保証人等を求めることがあり、保証人が得られずに断念する場合が少なくない。
②については、主に無年金者は恩恵を預かれない。
という問題がありました。

またこのほか、
③CWに対する周知が十分でなく、制度のことを知らないCWも少なくない。
という問題もありました。

今般、厚労省が一定の制限をつけた上でクーラーの設置費用を保護費本体で支給するようにしたそうですが、こういった救済措置からこぼれた者に対する対策でないかと思っています。


質問者の場合、毎月2000円の償還ですので、償還期間中は保護費が2000円アップします。
その分を償還に充てれば、実質は本人負担なしに、クーラーの取得できるのと同じことになります。
何なら、もう少し毎月の償還額(月5000円~2万円程度)にしても問題ない気はします。

CWにご相談のほどを

-----以下参考-----
【参考1】PressRelease 平成23年7月19日

生活保護受給者が冷房設備を購入するために貸付金を利用した場合の収入認定等の改善について

近年、夏季における熱中症等の健康被害が多発していることから、今般、生活保護受給者の方が冷房設備を購入するため、社会福祉協議会の生活福祉資金等からの貸付金(以下「貸付金」という。)を利用した場合に、当該貸付金を収入として認定しないこととする一方で、収入がある方についてはその返還金分を収入から控除することとしました。

これにより、生活保護受給者が生活保護費からやり繰りしなくても、これまでの暖房設備と同様に、貸付金の返済ができるようになりますので、冷房設備も購入しやすいようになります。

改正の概要は以下のとおりであり、政正した取扱いについては、「「生活保護法による保護の実施要領について」の一部改正について(通知)」により、平成23年7月19日付で各都道府県知事、指定都市長及び中核市長に対して通知しました。


【改正概要】
貸付金(生活福祉資金等) 返還金の取痴

従来の取扱い 収入として認定 収入から返還する

改正後の取扱い 収入として認定しない 収入から返還金分を控除する

※貸付金は、就労収入や年金収入等何らかの収入を得ている場合のみ、利用可能

○特記事項
暖房設備の購入のための貸付金については、従前より、収入認定除外とし、返還金についても収入から控除する取扱いとしている。


冷房設備に係る貸付金の生活保護制度上の取扱い

貸付金を利用した場合の取扱い

【改正前】→貸付金は収入認定 【改正後】→貸付金は収入認定除外
(収入認定された分だけ保護費は減額) (保護費は減額されない)

貸付金を返還する場合の取扱い
【改正前】→返済した分だけ手元 【改正後】→返済しても手元に残る
に残る金額が減少

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pan********さん

2018/8/618:04:08

保護費は変わりません。
返済は、年金から返済を行うのですが、形としては返済が行われ、その返済に対して控除が発生します。

つまり、返済はするが、返済金の全部または、一部が控除され、負担がなくエアコンが購入できるということです。

ただし、あなたのように年金等の保護費以外の収入がある方のみについてだけ控除が適用されますから、まるっきり保護費だけで生活している人は、実質上の負担が生じます。

簡単に言うとエアコンを買っても、保護費+年金収入の総額は、今までと同じで同じだけ生活に使えます。

ram********さん

2018/8/616:41:31

じゃーくーらーただじゃーねーかー

プロフィール画像

カテゴリマスター

yty********さん

2018/8/616:22:08

生活保護受給中は金融業者からお金を借りることはできませんが、「生活福祉資金貸付制度」という公的な制度を利用すれば、お金を借りられる可能性があります。
しかし生活保護を受給している間はたとえ借金だとしても収入とみなされてしまいます。

この差し引かれる一定額のことを控除といいますが、生活保護費から控除とは2,000円差し引かれると言う事です。
従って加算では無く逆の事です。

hon********さん

2018/8/615:56:55

甘すぎ。

控除とは、何かを除外しますという意味。

生活保護者の借金は、本来的には収入と見なされる。
それを、今回はエアコン購入なので収入から控除
します、ということ。
収入となれば、その分保護費から調整されるが、
今回は差し引かないというだけのこと。

追加で2000円もらえるなんて、図々しいにも程がある。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる