ここから本文です

4ヶ月近く胃の張り、みぞおちや背中の痛みなど調子が悪く、3週間ほど前に胃カメラ...

アバター

ID非公開さん

2018/8/623:34:07

4ヶ月近く胃の張り、みぞおちや背中の痛みなど調子が悪く、3週間ほど前に胃カメラ検査をしていただいたところ、表層性胃炎と逆流性食道炎の跡があると言われました。

薬を2週間分
タケキャブ錠20mg
アコファイド錠100mg
サモプリドクエン酸塩錠5mg
ツムラ大建中湯エキス顆粒
ビオスリー配合OD錠
処方されました。

飲み始めて数日したら調子が良くなってきていて
ホッとしていたのですが、3日ほど前からまた調子がわるくなってきました。
胃炎はこんなに治りにくいものなのでしょうか?

閲覧数:
3,403
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wvw********さん

2018/8/1012:35:40

はい、胃炎は何度も繰り返します、慢性胃炎になると定期的に胃が痛くなります。
自分はもう10年目になります

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/8/1019:28:54

    回答ありがとうございます。
    10年ですか…大変ですね(TT)慣れてきますか?
    慢性胃炎というのは、胃カメラで分かるのでしょうか?それとも先生の判断ですか?

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「タケキャブ錠20mg」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

cas********さん

2018/8/1019:00:56

ピロリ菌検査はされていますか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

men********さん

2018/8/708:18:30

内科では背中の痛みとの関連性を語れないんじゃないでしょうか?

猫背や姿勢の悪さによるヒステリー球にご注意ください。


治すべきは本当に逆流性食道炎ですか?


長期間治らないようでしたら、逆流性食道炎ではない原因を考えてみてくださいね。


私には酷いレベルの喉の詰まりがありましたが、同じような症状の方々が逆流性食道炎と診断されるケースは多いような気がしますね。
逆流性食道炎が長期化するなら、医師に「逆流性食道炎は結果で原因ではないのでは?」と相談しても良いかもしれませんよ。


姿勢の悪さ、猫背→肩こり

胸郭、頸椎の歪み→慢性的な息苦しさ→(長期経過後)パニック障害、鬱病

蝶形骨の歪み→顎関節症

喉の詰まり→ヒステリー球→呑気症、嚥下障害

吐き気の高まり(胃カメラで吐き気が出るのと同じロジック)

胃酸上昇

逆流性食道炎(治しても根本解決にならず)


私はこんなイメージを伝えました。
要するに確かに逆流性食道炎の所見はあるものの、根本原因はそれではないという事ですね。
結果的に私の推察は当たり、自力で完治していますが、医学や医療機関がそこに気づけないことに落胆しました。(気付いていても投薬治療の妥当性が失墜するので明らかにできない?)


飲み物や食べ物を飲み込む際に「飲み込みにくさ」を感じることはないですか?
それは「空気を一緒にの飲み込み易くなる」とも表現できるかもしれません。
(俗に言う嚥下障害、呑気症はこの類いの症状と推察)

肩こり首こりと共にそれが表れたのですが、精神科ではお得意のストレスを原因とするヒステリー球を示唆されました。
ただ、その喉の詰まりが右寄りにあったことから「ストレスで右よりの詰まり?」と疑問を感じ、自力で完治しました。
原因は「姿勢の悪さ」でした。
検証のために精神科で処方された薬は使っていません。


姿勢が悪くないですか?


「現代人は呼吸が浅い」
そんな記事を見たことはないですか?
それはなぜかです。


鏡を見て肩の高さ違いがないか確認してみてください。
体の歪みや姿勢の悪さがあれば是正は必須と考えます。


首こり、肩こり、息苦しさ、眼精疲労、ドライアイ、めまい、顎関節症、更に多くの身体的な症状がありましたが、全て自力で治しました。

体の歪みに注目してみてください。

鏡に向かって左右の肩の高さを確認してみてください。
あと、巻き肩とも言われる肩の前傾ですね。

「首こり、肩こり、腰痛の原因は首や肩、腰ではない」これが私の経験から導きだした結論です。

慢性的な首こり、肩こりに悩んで、整形外科や整体、カイロプラクティックに行っても治らなかったのですが、そもそも原因は首や肩では無かったことに気がつきました。
背中だったのです。
厳密に言えば胸椎、肋椎関節の歪み、旋回、肩甲骨周辺の筋肉の緊張、こりだということになると思います。

ちょっとやってみてもらいたいのですが、ヨガのポーズでよくある「後ろ合掌のポーズ」はできますか?
できれば良いのですが、出来ない場合はどちらの手が合わせにくいかで筋肉が堅くなっている側が分ると思います。
私は明らかに利き手の右側が合わせにくかったです。

この事に気がついて首こりや肩こりを治すことができましたが、これによる良い影響は本当に大きかったのです。

対応としては自宅でストレッチが重要だと考えます。
当初は私も整体やカイロに行ってましたが、自分で問題の箇所を感じながら取り組んだ方が効率が良かったです。

特に重要なのは「第3、第4胸椎」だと考えています。
頭を下げた時に首の後ろに出っ張りがあると思いますが、それが第7頚椎でその下3番目、4番目の骨ですね。


まずは後ろ合掌など背中のストレッチを進めてみてください。
両肩の高さを合わせて後ろ合掌しながら、顎を引いて首を伸ばすようにするストレッチ、また顎を引くのではなく、顎を突き出してやるバージョンはお勧めです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる