ここから本文です

小説や純文学なんか読んでないで新書、実用書、学術書を読めとネットで見たんです...

アバター

ID非公開さん

2018/8/900:53:42

小説や純文学なんか読んでないで新書、実用書、学術書を読めとネットで見たんですが本当ですか?

閲覧数:
205
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gin********さん

2018/8/1020:02:44

まちがっています。優れた小説に出会うことができれば、

人の心情やこころの動きに気づくことができます。感動を与えられることもあります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

suk********さん

2018/8/1115:02:28

ようはバランスなんですよね。
偏りなく、どのジャンルも幅広く読む!というのが理想では
ないかと思います。

これはあくまで私の意見ですが、新書だとか実用書ばかり
読んでる方って、ご自分の意見を述べられてるようでいて、じつは
そういう本からの借り物思想や知識をまんまおっしゃってる
ケース多いです。
凝り固まったデーター重視で、視野が狭いというか。
まぁ、はっきり言うと話がつまんない(苦笑)

データーから一歩踏み込み、そこから垣間見える人の心のあり様を
読み解いていく。
それにはやはり、偏りない幅広い読書はもちろん、それ以上に
実体験重視の学ぶ姿勢こそが大切ではないでしょうか。

というわけで、「本は偏りなく、幅広く読め!」とおススメ
いたします^^
もちろん漫画だって立派な読書です。

ちなみにラノベを馬鹿にする方おられますが、あれは
とんだ間違いです。
ラノベ出身の直木賞作家がおられることを考えれば十分
分かることです。

luc********さん

2018/8/1010:34:34

純文学を含め、小説は娯楽です。
映画を観たりゲームをしたりするのと同じです。

ゲームはダメで小説は良いという指導は
本来は小さな子どものためのもので、
新書、実用書、学術書をよむ前段階として
文字から情報を拾う訓練のために物語を読ませるのです。


新書、実用書、学術書というのは、
知識欲がなければ読まないものです。

要するに
「なぜなのか」「どうなっているのか」という疑問や
知らないことを知りたいという欲を持ち、
情報を自分で拾ってくるのが大事なのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

qaj********さん

2018/8/915:52:29

あくまで一般論として言います。

いい歳をした大人が、やはり大人あるいは大学生に対して、本を読みなさいという場合には、小説や文学は含まないのが当たり前です。それは、あくまで当人の趣味の範囲ですので、勝手にどうぞ、ということです。

jin********さん

2018/8/911:02:50

ていうか、本を読むのは、その時々に欲しい情報を得るためなんだよね。
何を読んだらいいか分からないくらい情報を欲してないんだったら、何を読んだってあなたの身にはつかないと思うよ。
そのネットの人は生活を送るうえで、新書や実用書や学術書の情報が実際に役に立ったんだね。
どんな情報も活用できなきゃ雑音と一緒よ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kmb********さん

編集あり2018/8/911:10:56

「小説なんか読むな。新書や実用書、学術書を読め。そのほうが役に立つ。」
確かにネットでそういう意見を見かけることがあります。私はそれに反論してきました。以下のリンク先を見てください。

「小説はただの作り話だ」という意見に対する反論
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1488819219

「小説は事実じゃないから意味がない」という意見にする反論
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1123918681

「小説は無駄だ」に対しては、次のベストアンサーの方の回答が痛快です。ほかの方の回答も参考になりますし、私は無駄の本質について考察しました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1165797246

中には読書そのものを否定する方もいます。以下は、それに対するいろいろな方の反論です(私の回答もあります)。とくにnur……さんの回答が刺激的。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1393054998

それから、執行草舟氏の『生くる』という本に、知・情・意について書かれた章があります。「焦ってはならない。情が育まれれば、意は生まれ、知は集まる」とあります。だから、まず情を育むことが大切なのだと。
そのためにこそ、小説など物語系の読書は不可欠だと言えます。情を育むことなしには、真っ当な知は集まりません。


ネット上に限らず、対立する複数の意見に出会う機会はいくらでもあります。学問の世界でも、さまざまな学説が対立しています。「何を信じたらいいのかわからない」ということもあるでしょう。そういうときに備えて何が必要なのかを考え回答しました。よかったら、リンク先を参照してください。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q111936726...

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる