ここから本文です

介護職員実務者研修の1つで、「介護過程の展開演習」である事例より個別介護計画...

アバター

ID非公開さん

2018/8/920:20:19

介護職員実務者研修の1つで、「介護過程の展開演習」である事例より個別介護計画をたてなくてはならないのですが、書き方でわからないところがあって困っています!!

・長期目標
・短期目標
・情報の分析
・生活課題(ニーズ)
・具体的な援助内容

「情報の分析」では、改善の可能性を予測するのですが、【介護福祉職がどんな援助をすれば改善できるか】を考えればいいのでしょうか?


※皆さんのアドバイスをお願い致します。

閲覧数:
496
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mot********さん

2018/8/921:29:47

情報分析つまりはアセスメントですね
利用者の現状を把握し、自力でできること、受けている支援を簡単でいいので書いてみてください。

次に利用者のニーズを元にこんなことをすれば利用者のここが改善される可能性があるみたいな

改善の反対に悪化も考えられるので悪化の可能性も考えましょう

それらがまとまったら長期目標、短期目標を書きます。
それから目標を達成するにはどんな援助をしたらいいか具体的に書きます。

例文
ニーズ Aさん:「寝たきりになりたくない。できればずっと歩ける生活がしたい」

情報分析 杖を使用し、10m程度なら支えなしで歩ける。
たまにふらつきあり、体を支えることも

改善の可能性:運動を行うことで身体機能の低下が防げる可能性がある

悪化の可能性:運動を行わないと身体機能、筋力が低下し、歩けなくなる可能性がある

長期目標 現在の歩行能力が維持できる
短期目標 生活の中で運動することができる

援助内容 10mの歩行運動を行う


大雑把に書いたんで参考にならないかもしれません。

アバター

質問した人からのコメント

2018/8/14 10:29:08

mot********様

ご回答いただき、どうもありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる