ここから本文です

【至急】落語家の立川志の輔師匠は立川流の実験第1号として立川談志師匠に育てられ...

blo********さん

2018/8/1100:57:11

【至急】落語家の立川志の輔師匠は立川流の実験第1号として立川談志師匠に育てられたそうですが、談志師匠には基本的な落語四席しか習っておらず、テープで談志師匠もしくは色々な師匠の落語を

聴いて覚えたとどこかで見聞きした覚えがあるのですが、どこに載っていたでしょうか?書籍情報、ページ数なども合わせて教えていただければ幸いです。

閲覧数:
110
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

u35********さん

2018/8/1110:28:45

ちょっとニュアンスは異なりますが・・
『師匠噺』(浜美雪・河出書房新社)のp314に 次のような記述があります。
・・はじめに『道灌』『たぬき』『たらちね』を教えてくれたんですが・・この後はもういい。どこにも習いに行かなくてもいい。うちにテープがあるから片っ端から覚えてやれ・・

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる