ここから本文です

将棋ソフト不正疑惑で三浦九段がスマホの提出を拒んだり、いとま簡単に竜王戦の不...

gam********さん

2018/8/1123:40:52

将棋ソフト不正疑惑で三浦九段がスマホの提出を拒んだり、いとま簡単に竜王戦の不出場を了承したのはなぜでしょうか。

無実の罪ならスマホの提出はむしろしたいぐらいでしょうし、タイトルへの挑戦は三浦さんにとって相当久しぶりでなんとしてでも譲れるものではないはずですよね。結局三浦九段が自らスマホやパソコンのアプリをスクショして連盟に送ったそうですが、そんなのアプリなどを消せばいいだけですよね。私は三浦九段を疑っているわけではありませんが、プロ棋士は数が少なく、急にその人らしくない手を指すとプロ同士だとすぐ異変を感じるそうです。そのプロ棋士が何人も羽生さんや渡辺さんなど疑ったのは相当信憑性があるのではと思います。警察にスマホの提出を強制する力がこのケースだとなく、渡辺さんなどが悪者にされたのが残念なのです。みなさんはどう思われますか

閲覧数:
350
回答数:
9
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

neg********さん

2018/8/1800:43:30

もう済んだ話なので今更という感じです、こうなったらプロ棋士である以上自分の無実は盤上で証明するしかないでしょう。例えばタイトル獲得やA級上位とか、まぁ最低でもA級残留とかでしょうね。これがA級陥落などとなったら「やっぱり~」などと言われるのは火をみるより明らかでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「三浦九段」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wat********さん

2018/8/1522:42:29

棋士の感で「カンニングしただろ」と問い詰めたのが非常識。
疑うのは勝手だが、口に出すからには証拠が必要。

可哀そうに、渡辺も久保のリアルすぎる大嘘に騙されとち狂った被害者だね。
渡辺の信用は地の底まで落ちてしまった。

hello-ATさん

2018/8/1514:15:27

スマホ提出を拒んだのは、確か弁護士に言われてではなかったでしたっけ?

普段警察や検察を相手にしている弁護士は、スマホ等の証拠品の捜査機関への提出は、極力させないように指導するのが一般的です。
弁護士からすれば、警察や検察がメンツのために証拠を改竄するとも限らないし、法廷で争うにはこちらの手の内を見せるのは不利になるからです。
つまり弁護士はそもそも法廷で争う事を前提にしているので、自身の持つ潔白を証明する証拠は極力隠します。
この場合、弁護士は連盟を一切信用しておらず、その感覚でスマホ提出をしない方が良いと助言し、三浦九段としては本意でなくても「プロの弁護士の意見」に従っただけのような気がします。

竜王へのタイトル挑戦については、自身として決して譲れない事でも、どんなに抗ったところで棋戦の主催である連盟に拒絶されてしまえばそれまでですし、タイトル挑戦よりも重要な自身の棋士生命にまで影響してしまうので、苦渋の選択であったと思います。

この件については、メディアやネットなどで得た情報だけを見る限りは、連盟の対応が兎に角拙く酷かったとはいえ、三浦九段の対応に全く問題がなかったとは思えません。
私自身は人事労務の仕事をしていますが、この件については労使の争議に似ていると感じました。
双方が誠意を持って話し合えば解決する事でも、変に弁護士などの第三者が入ることによって逆に拗れて収集がつかなくなることがあります。

実際に弁護士を入れなければどうにもならない事態であったかは、部外者である限りは解りませんが、得てしてこういう拗れる問題は、双方の対応に問題がある事が多いように思います。

bak********さん

2018/8/1505:13:45

すべての元凶が竜王にだけ拘り続けた渡辺にあるのは確か。

2018/8/1500:39:35

不正の方法を何も提示できていないことに対しての反論として、スマホ提出に何の意味があるのでしょうか?「いつ」「どこで」「だれが」「何を」したのか?

仮に不正をしたのであれば、対局中のどこかの時間で抜けだして、誰もいないであろう場所に移動し、何らかの方法でカンニングして、対局室に戻って着手するわけですよね。これだれか実証実験したんですかね?

私は遠隔操作のアプリを使ったことがありませんが、スマホの小さい画面でパソコンの将棋ソフトを動かして、50手目の局面を再現するって5分10分じゃできないと思います。再現したうえで局面を読ませるのに何分かかるんですか?

スマホでは少々重いアプリをインストールするだけでずいぶん時間がかかることもありますが、対局場で不正をしたと思われる場所は電波があるんでしょうか?
遠隔操作という極めて重い作業を携帯にさせて電池は持つんでしょうか?将棋の対局は長いですよ。


現実的な不正の方法を考えれば、不正をやったとすればこの瞬間しかないというのはすぐわかるはずです。

警察の話をしていますがまさに警察的な対応をすべきでしたね。泥棒だと言っている人は「いつ」「どこで」「だれが」「何を」盗まれたか何も提示できないのに、警察にこいつはとにかく泥棒なんですと訴えたら、警察は帰れというでしょう。そういう相手にスマホを渡したら細工されそうで怖いですね。


あと羽生さんは全く疑っていなかったのに、週刊誌など一部の日本語を読み取る力のない人の誤った解釈で報道をされたため奥さんのツイッターで弁明文を出す羽目になりましたね。

utu********さん

2018/8/1317:05:43

問題としては解決したことになっているけど、当時の文春の記事で結局最後まで否定も釈明もされなかった気になる点があって、全ての調査でスルーされていたことは、最後までモヤモヤしましたよ。

それは、文春によると、三浦九段への調査のためスマホと自宅のパソコンを預かることについて本人の了解を得た。そこで、連盟の職員2名が付き添って、まず携帯ショップに行って、スマホを預かる期間、本人に代替機を貸すために新規契約をしてアドレスのデータ等を移し、それ渡して、本人のスマホを受け取った。続いて三浦九段の自宅に向かった。その間、三浦九段はどこかに電話をしていた。そうして、自宅まで着いたところで、突然、三浦九段から「やっぱりスマホは預けられないから返してくれ」といわれ、連盟は任意での提出をお願いした立場なので、持ち主が渡せないから返せと言うなら返すしかなかった。というもの。
そうして、スマホとパソコンは後日改めての提出があり、調べても不正の痕跡は何も出てこなかったわけだ。

これが事実なら、ものすごい突っ込みどころのはずなのだが、これについては誰も何も言わなかったんだな。また、記事に対して、そんな事実はなかったという否定の言い分もない。
文春だって、記事が嘘だといわれたら、この点はどう説明するんだと言いそうなものだが、それもない。

いつの間にか、このことがうやむやになってるのが、ずっとモヤモヤしてるんだけど、何か、グレーのまま政治的配慮で、臭いものに蓋をしたように思われてもしかたないでしょ。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる