ここから本文です

回答受付終了まであと5日 回答を投稿すると知恵コイン15枚が追加されます

戦国時代には平蜘蛛の茶器や茶道の焼き物は、織田信長が宣伝をした事にやり高価な...

kut********さん

2018/8/1312:23:27

戦国時代には平蜘蛛の茶器や茶道の焼き物は、織田信長が宣伝をした事にやり高価な物品になりましたが、江戸時代からは茶器の扱いは戦国時代より低くなったのでしょうか。

閲覧数:
6
回答数:
1

違反報告

回答投稿

全角1文字以上で回答を入力してください。

※質問が「投票受付中」「解決済み」になると、回答を取り消すことはできません。
※一度に投稿できるURLは3つ以内です。(プレミアム会員・知恵袋アプリは除く)

エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度お試しください。

あと全角4000文字

回答

1〜1件/1件中

n22********さん

2018/8/1314:13:17

茶の湯は嗜みとしての茶道と、芸術としての茶道に分かれ、茶道具も自ずと実用価値のあるものと骨董品に分かれます、江戸の終わり頃になると廃れはじめ煎茶は敬遠されますが、明治に入り煎茶文化は教養が引き継ぎます、これが現在の茶道です、道具は分かりません、お役に立てるよう次は頑張るよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる