ここから本文です

済美の山口投手を完投させた監督への批判に物申す! 批判するのは簡単。批判...

ryo********さん

2018/8/1320:13:08

済美の山口投手を完投させた監督への批判に物申す!


批判するのは簡単。批判している人は、自分ならあの雰囲気の中で、それも適切なタイミングで替えられるとでも言うのだろうか?

彼らにとって、最後になるかもしれない試合でだよ?監督が無責任なのではなく、彼らを預かり、彼らと苦楽を共にしてきた監督としての責任があるからこそ決断が難しいんだよ。

大体同じレベルの投手を2枚育てようとしても上手く育たないこともあるだろ。朝顔じゃあるまいし。選手はあくまで人間であり、個々で素質もメンタルも違うし、せっかく育っても怪我をしたり、調子を落としたりしてしまうこともある。

最高の舞台であんな素晴らしい戦いを披露できるということだけでも日頃の監督の苦労がうかがえる。

どうしても駄目だというなら監督を責めるのではなく、連盟が球数制限のルールを作るしかない。同点のまま試合が進行し、エースが球数制限を超え、2人目の投手がいないチームには強制的に試合を放棄、敗戦を受け入れさせるようなルールを・・・。もっとも、それでは部員数の少ないチームは甲子園に出るなと言っているようなものだけれども・・・。

閲覧数:
287
回答数:
8
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/8/1321:10:16

私も同意見ですね

球児の意思を尊重して

プレーさせるべきだと思います

ルールに縛って一方的に球児の気持ちを切り離すようなことはしてほしくありません

それこそ大人のエゴでしょう

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「済美 山口」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

opy********さん

2018/8/1910:31:13

思いのほか、池内くんも頑張りましたね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

miy********さん

2018/8/1409:46:02

こう言う問題って、結局のところ答えはありません。

ただ言える事は、マスコミの偏った記事に振り回されない事です。
正論と理想論を盾にして、言いたい放題です。

結局のところ、現場を一番知っているのは監督です。
任せてあるのだから、それに従えば良いと言う事ですよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mic********さん

2018/8/1409:35:56

必要以上に持ち上げて、美談にする必要はないが、周囲が批判すべき代物でもない。
18歳と言えば成人、本人の判断に任せればそれでよい。

ken********さん

2018/8/1409:06:53

他の投手育てろとか言ってる輩が時々いるけども
そんな事お前が言わなくとも現場で仕事してる監督の方がよく分かってるわ、と


入学してから3年の夏まで約2年間
2年生なら約1年間で公式戦で
チームの勝ち負けを託す試合で投げさせれる投手を育てるなんて簡単な事じゃない

しかも夏の大会は
約2年間苦しい練習に耐えてきた3年生にとっては集大成
チーム内関係者が異を唱えるならまだしも
無関係の外野は黙っておけと


自分も球数多くなるのは心配だよ
でも、それは現場の監督・選手が判断すること


どのみちさ
そういう批判する輩は何に対しても批判するよ

例えば
球数心配して安定して抑えてきたエースを降板させて
後続の投手が打たれて負けたりしたら

「何でエースを下げたんだよ!」
「そのままエースを続投させておけよ」

みたいな批判をするよ

sup********さん

2018/8/1322:24:45

短期日程のトーナメントを勝ち上がるには、「選手層の厚さ」または「個人の犠牲(痛みや怪我をおして出場など)」が大抵の場合に必要になってきます。本件は後者にあたるでしょうか。
体力の限界近くで真剣にスポーツに取り組んでいる人には彼らの「体の痛み」と「心の痛み」を理解できると思いますが、「甲子園の美学」の価値観が、「延長戦での多球激投」よりも「選手の健康問題が優先」に変化してきている表面的なニュースを見ている人には「投げ過ぎ」と刷り込まれることも当然でしょう。このこと自体は悪いことではないと思います。ただ、私も質問者様同様、選手交代の是非、タイミング、選手のコンディション、得点、イニング等々様々の要素を元に監督が良かれと思って指揮をとっている様子に、単に学校や自分の名誉のためと思われる采配は無く、監督批判は、おかど違いではないかと思います。
勝ち上がってしまった以上、再び酷使せざるを得ない場面も出てくると思いますが、「最後まで壊れるなよ!」と祈り続けたいと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる