ここから本文です

私は今中学生で文法で動詞の活用(口語文法)を勉強をしているのですが、それに出...

chi********さん

2018/8/1323:00:57

私は今中学生で文法で動詞の活用(口語文法)を勉強をしているのですが、それに出てくる

五段活用
上一段活用
カ行変格活用
サ行変格活用
カ行上一段活用
このようなものなどの区別がまったくつきません。

詳しく分かりやすいように教えてほしいです‼︎
何かいい覚え方があったら教えてください。
夏休みの宿題なので至急お願いします。

閲覧数:
33
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sap********さん

編集あり2018/8/1406:41:29

>五段活用
>上一段活用
>カ行変格活用
>サ行変格活用
>カ行上一段活用
文法用語を正確に覚えることが大前提です。口語動詞の活用の種類は、五段活用、上一段活用、下一段活用、カ行変格活用、サ行変格活用の5種類です。

>このようなものなどの区別がまったくつきません。
変格活用は丸暗記です。カ行変格活用は「来る」とその派生語、サ行変格活用は「する」とその派生語(勉強する、達する、…)だけしかありません。

五段活用、上一段活用、下一段活用は~ナイの形に直すと判断できます。
・ナイ直前の音がア段 (アカサタナ…) のとき:五段活用
・ナイ直前の音がイ段 (イキシチニ…) のとき:上一段活用
・ナイ直前の音がエ段 (エケセテネ…) のとき:下一段活用
たとえば、(1) 「かく」(書く) は「か"か"ない」になるため五段活用、(2) 「きる」(着る) は「"き"ない」になるため上一段活用、(3) 「みせる」(見せる) は「み"せ"ない」になるため下一段活用です。
http://www.geocities.jp/nm3032nakatsu/kokubun/kb04.html#07

※〜ナイで判断するときは可能動詞に注意してください。たとえば「書く」(書"か"ない)と「書ける」(書"け"ない)は別の語とみなします。可能動詞はすべて五段活用動詞から派生したもので、必ず下一段活用です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる