ここから本文です

大工調べや品川心中などの噺でなぜ最後まで演じない落語家がいるのですか? 故人...

アバター

ID非公開さん

2018/8/1421:28:37

大工調べや品川心中などの噺でなぜ最後まで演じない落語家がいるのですか?
故人も含めて。

物足りないどころか、映画をいい場面で止められた、みたいな感じで嫌じゃないですか?

芝浜や文七元結を最後まで演じない落語家はいないのに、なぜこれら(品川心中など)は
最後まで演じないのでしょうか?

それなら最初から高座でその演目を披露するな、と思います

閲覧数:
345
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nak********さん

2018/8/1422:43:49

同じようにサゲまで演じられることの少ない『らくだ』という噺を例にとりますね。
まずはざっとあらすじを。

『やたけたの熊』というならず者が兄弟分の『らくだの卯之助』を訪ねると、河豚にあたって死んでいた。葬礼の真似事もしてやらねばと思っていると、そこへ紙屑屋(いまでいうリサイクル業者)が通りがかる。
紙屑屋を呼び止め、死んだらくだの家財を換金して葬礼費にあてようとするが、ろくな物がなく断られる。熊は紙屑屋を脅し上げ、あれこれ走り回させて、葬礼の算段をしようと図る。何とか算段がついて、熊は紙屑屋に報いんと一杯飲ませるが、紙屑屋は生来の酒癖の悪さが頭をもたげ始め…という噺。

熊に恫喝されていた紙屑屋が、酒を勧められるうちに酒乱の気を表し始め、ついには紙屑屋と熊の上下関係が逆転する…という主客転倒がこの噺の最大の見せ場であり、一番おもしろい場面です。
本当はこのあと、泥酔した二人がらくだの遺骸を桶に詰めて、火屋(いまの火葬場)へ持っていく途中にらくだの遺骸を落としてしまう。で、タイミング悪くそこへ泥酔して寝ていた別人を桶に放り込み、火屋で火にかける。
当然熱いので桶の中の男が騒ぎ、「おい、ここはどこや」
二人が「ここは火屋じゃ」
「あぁ、火屋(=冷やの酒)でもええから、もう一杯」
と、これがサゲです。

今は、サゲまで演じられることはほとんどありません。
サゲまで行くと、やや中だるみ感が出るのか。
あるいは一番のキモは紙屑屋と熊の逆転シーンなため、観客はそこを聴くことを目当てに寄席へ足を運んだからだと言われています。
サゲのほうがむしろ、付け足しのようになってしまったからかも知れません。

落語は、演者である噺家によってさまざまなアレンジがなされるもの。設定を変え、サゲまで変えることもままあります。
よしんばサゲまで行かなかったにせよ、それはそれで噺家さんが落語を楽しませてくれるのならば、アリなんですよ。

アバター

質問した人からのコメント

2018/8/21 14:50:23

勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

moz********さん

2018/8/1916:59:26

基本的に途中で切る噺もサゲまで教わるものだと聞きましたが、だいぶ以前の話なので、今は違うかもしれません。

大工調べは主に時間の関係で切る人が多いのだと思います。品川心中はサゲがわかりにくいというのもあるけれど、復讐のくだりは噺が陰気なのでやらない人が多い、というのはもうかなり以前からだそうです。

もうそういうやり方がある程度確立されてしまっているのでそれはそれで良いのではないかと思います。野ざらしや替り目など、そういうネタはそこそこあるように思います。宮戸川なんか、サゲまでやらないならやるな、と言われたら廃れてしまうかもしれませんね・・・。

tok********さん

2018/8/1610:59:50

いまも演じられている人情噺や芝居噺、怪談噺の多くは、寄席が15日間の興行の際に、一つの演題として続き物で演られていたものです。

このような長講を演じて客を連日通わせることができる噺家を”名人”として扱うようになった名残でしょうか、現在でも人情噺・芝居噺・怪談噺を演じる落語家を”名人”とする向きがあります。

寄席の演題が連続ものとして演られていた時代よりは後になりますが、映画でも日本映画では嵐寛寿郎、市川歌右衛門、片岡千恵蔵、中村錦之介、東千代助などという人気時代劇では、二本立て・三本立て上映で『次回、乞うご期待!!』などと途中で終わって次も来場させようという興行が当たり前でした。

そういう感覚の名残も手伝って、10分、15分という短い時間で著名な演目を掛けたい落語家が、サゲまで演じないで噺の途中で終えることが多くなったのだと思います。

new********さん

2018/8/1510:41:47

単なるちゃちゃです。

初天神という落語で、凧揚げの件知らないと明言した落語家さんがいて、笑ってしまいました。 TVで演じられる時短ネタしか聞いたことない人?

kpp********さん

2018/8/1506:39:41

> 映画をいい場面で止められた、みたいな感じで嫌じゃないですか?

いいえ。
落語の場合、「後半がつまらない」「サゲの意味が現代ではわからなくなった」
などの理由で、途中で切ったほうが良い場合もけっこうあるんです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yan********さん

2018/8/1422:53:38

その落語本来のオチまで演じないのは、ご案内の通り寄席の持ち時間が原因ですが、それでもお客様が満足できるかどうかが落語家の腕なんでしょうね。

きちんとした腕前の落語家の高座であれば、上手くまとめるんですが。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる