ここから本文です

底砂に五彩色砂利という大磯砂を洗浄のみで酸処理せず既存の大磯砂に継ぎ足してし...

loc********さん

2018/8/1601:29:29

底砂に五彩色砂利という大磯砂を洗浄のみで酸処理せず既存の大磯砂に継ぎ足してしまったところ一気にpH6.7→pH8.3まで上昇してしまいました。弱酸性推奨の熱帯魚ですが今のところ1カ月経過後もまったく元気ではありま

す。流木も投入しましたが今いち効果は低いです。
もし水槽をリセットして弱酸性にする場合は飼育水とろ材(大磯砂に埋め込んだ水作エイト)もすべて交換した方がよいですか?貝殻の成分が飼育水やろ材に混入しているのではという観点から飼育水だけそのまま使うか、はたまたろ材だけはそのまま使うか?それとも両方リセットするか?どれがいいのかわかりません。
底砂は新たに購入し酸処理した大磯砂を準備済。30センチ水槽です。

閲覧数:
45
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mas********さん

2018/8/1609:55:03

現状の底砂を全部出して入れ替えるということですね。水作エイトのろ材はそのまま少しの間使った方がバクテリアの移行・定着が断然早いです。飼育水もできるだけ使った方がやはりバクテリアに関して全然違います。現在の熱帯魚飼育数が過密気味なら特に出来るだけバクテリアを移行させるのが良いですよ。アルカリpHだとアンモニアの悪影響が大きくなってしまうのでバクテリアに早く定着してもらわないと魚が病気になりやすくなります。
私ならですが、バケツに飼育水を取り、そこに魚を移し、他のバケツも使って飼育水を2分の1以上は取っておきます。流木等も取り出し、少し残った水槽内の飼育水で水作エイトのろ材に付いてる汚れや糞をサッと軽く流し、魚のバケツに。後は全部排出して掃除、新しい大磯をセッティング、そこにもう飼育水を入れて魚も入れ、残り2分の1位の水を新しくカルキ抜きして作りゆっくり入れていきます。
当日の餌は控え、翌日から少しずつあげますね。
ご自宅の水道水のpHによってですが、弱酸性になるには少し時間がかかると思いますけど、これだけでpH8未満には下がるだろうと思います。

質問した人からのコメント

2018/8/21 19:58:18

回答して頂いたリセット方法が自分の考えてた候補の1つだったのでその方法で週末やってみようと思います。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

cho********さん

2018/8/1610:08:19

立ち上げどの位?
何を何匹飼育していますか?

8.3だと弱酸性を好む生体にはちょっと高めですが、
元気なら変えなくていいんじゃないかな。
硬度を上げる物が溶けてなくなったり
硝酸塩が溜まると徐々に下がって行くと思います。
短期間で環境がコロコロ変わる方がストレスになるかと。

うちは酸処理してない大磯砂を使ってますが、
薄く1cm程度しか敷いてなくて
pHを下げる力が強いプラチナソイルを併用。
飼育水は弱酸性になっているので
ネオンやラミーノーズテトラの発色も良いです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる