ここから本文です

で、結局、水田水脈は国会で問責決議とか辞職勧告になったのかね? 泰山鳴動して...

bes********さん

2018/8/1909:09:24

で、結局、水田水脈は国会で問責決議とか辞職勧告になったのかね?
泰山鳴動して、ねずみどころか、ゴキブリ一匹にもならなかった。
あのLGBT 騒ぎは、いったいなんだったのか?

人の噂も49日の取るに足らないものだったのか?

LGBT の方からの杉田批判も本当にゼロと言えるくらい少なすぎたね。

閲覧数:
65
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kiy********さん

2018/8/1921:24:40

bes********さん、問責決議や辞職勧告がなかったとしても、杉田さんが問題ある人間であることが明らかになった時点で、有権者としては有益だったんですよ。

朝日新聞や毎日新聞が社説を書いている(ともに2018年7月25日付)のだから「取るに足らないもの」のわけないじゃん。社説に載るということは、縮刷版に載っているから、会社がつぶれない限り未来永劫載るということ。Gサーチなどでも発見できるわけだから。

なお、ハフィントンポスト日本版に「『杉田水脈LGBT差別問題』の経緯を振り返る」(松岡宗嗣。2018年08月10日 14時22分。https://www.huffingtonpost.jp/soushi-matsuoka/sugita-20180810_a_234...
)と題した記事があったから、読め。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aaj********さん

2018/8/2607:56:08

★☆★『“性秩序”を破壊、結婚制度を廃止して、家族を解体させる“LGBT優遇運動”』★☆★

“ジェンダーフリー運動”とは、「男らしさ」「女らしさ」を“否定”しようとする運動を言い、“LGBT支援運動”とは、従来の「男女」2つの性を“否定”した「多様な性」を強要する運動をいう。

これらの根っこにあるのは“共産主義思想”であり、「私有財産」と「階級支配」のない社会で、個人が「バラバラの個」として連帯(「国家に従属」)した“全体主義社会”であるとされる。

「性秩序の破壊」と「結婚制度の廃止」で、『家族』を“解体”して、新しい“共同社会”をつくり、『国家』(=支配機構)を“死滅”させる。それがコンミューン主義としての共産主義の目標である。

“ジェンダーフリー運動”と“LGBT解放運動”には、共に「性秩序を破壊」して「家族を解体」し、それによって「革命を醸成」する役割があり、これらは『共産主義革命の手段』として行われる。

かつて、共産主義者はロシア革命後に、西欧先進国での共産革命を試みたが、彼らのいう 「家父長的権威主義的な家族」 と 「キリスト教の性道徳」 が “障壁” となった。

そこで、まず 伝統的な 「性道徳を破壊」 して、近代的な 「家族を解体」 しよう と考えた。
この試みは、 “ヴィルヘルム・ライヒ” と “フランクフルト学派” によって行われた。

http://d.hatena.ne.jp/jjtaro_maru/20091023/1256254671 (L2853)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1917年ロシア共産革命によって政権を掌握した共産党・革命政府の施策は多くの抵抗に遭遇した。
ソ連政府はその原因を“家族”にあると考え、革命を成功させる為、「家族の絆を弱める」事とした。

『全女性の労働参加』で『家事』『育児』が“社会化”され、食事は共同食堂、育児は保育所となった。

しかも、1934年頃になると、彼らが予想もしなかった有害現象が同時に進行していた。
“家族解体”政策が「社会の安定と国家の防衛を脅かすもの」と認識され始めた。すなわち・・・

①「家族」や「親子関係」が“弱まった”結果、「少年非行が急増」した。
新聞はその報道で埋まり、彼らは住居に侵入し、掠奪・破壊し、抵抗者は殺戮した。
汽車のなかで猥褻な歌を歌い続け、終わるまで乗客を降ろさなかった。
学校は授業をさぼった生徒たちに包囲され、先生は殴られ、女性たちは襲われた。

②「性の自由化」と「女性の解放」という壮大なスローガンは、強者と乱暴者を助け、弱者と内気な者を痛めつける事になり、何百万の少女達の生活がドン・ファンに破壊され、何百万の子どもたちが、両親の揃った家庭を知らないことになった。

③「堕胎」と「離婚」の“濫用”(1934年の離婚率は37%)の結果、“出生率が急減”した。
それは共産主義国家にとって、労働力と兵力の確保を脅かすものとなった。

こうして、1934年には国家はこの様な“混乱”の対策に精力を消耗することに耐えられなくなった。
それは戦争に直面している国の「国力を破壊するもの」であった。 これを是正するためには、社会の柱(pillar of society)である“家族を再強化”する以外に方法はなかった。

※ニコラス・S・ティマシエフ(Timasheff) 論文『ロシアにおける家族廃止の試み』
(N.W.Bell"A Modern Instrucion to the Family"1960 N.Y.Free Prees所収)による。

https://www35.atwiki.jp/kolia/pages/913.amp

mst********さん

2018/8/1911:45:00

こんなこと水田嬢の発言が正しいにきまってますよ。
何故なら、ではどうして政府に少子化対策大臣を置いているんだね、水田嬢は国会議員だよ、その国会議員が少子化対策として生産性のないものが解っているものを批判して何が悪い。理屈をつけて、生産したくてもできない夫婦に、だなんて横道にそれたことを言っているが、あの発言は特定している発言で、結果的に生産できないものに対して批判していることではない。男の方が「趣味」と発言したがこれはいただけない「性癖」と言えば批判は小さかった。言葉の使い方だよ。
子供を作る、この言葉が許されるんだから、作るイコール生産で何が違うのか、では作ることを別の言い方で何と言う。

yu9********さん

2018/8/1911:33:49

一部の人間が、デモをしています。
>LGBTの方からの杉田批判も~
そういった危惧もあるのか、テレビなどに出演している著名人が「LGBTであること」を告白していますね。告白したうえで、あの発言を批判しています。

kak********さん

2018/8/1911:29:19

>で、結局、水田水脈は国会で問責決議とか辞職勧告になったのかね?

国会は閉会中です。

>LGBT の方からの杉田批判も本当にゼロと言えるくらい少なすぎたね。

それはあなたが興味がないだけです。
知恵袋以外も見てください。
4000人以上のデモがあったり、LGBTの団体からの抗議声明があったり。
色々ありました。

han********さん

2018/8/1909:43:30

ただの言葉狩りなのは明々白々なんでね

ブーメランで返ってくる前に早々に退散したのでしょう

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる