ここから本文です

カミュの異邦人である「太陽が眩しかったから」という代名詞ですが、主人公のムル...

アバター

ID非公開さん

2018/8/2000:13:16

カミュの異邦人である「太陽が眩しかったから」という代名詞ですが、主人公のムルソーはなぜ太陽の光を殺人の理由にしたのでしょうか?

個人的な解釈でも構いませんので、教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします。

閲覧数:
965
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/8/2002:33:34

違和感だと思います。

異邦人と日本語で訳されていますが、これはその国に暮らす、その国以外から来た人間という意味での異邦人ではなく、他の人とは異なった人間という意味だと思ってます。母親が死ねば、母親を失った息子らしく神妙に悲しむべき、という世間一般の感覚からずれたムルソーは、世間が期待しているような反応をとることができなかった。その違和感を象徴するものが太陽がまぶしかったから、なんじゃないかなと思います。世間一般の人は太陽がまぶしいという理由をもって殺人の動機にはなりません。でもムルソーは違った。色々彼なりに感じて、最後にその太陽が彼を消耗させてしまった。そのずれを端的に表してるんじゃないかなと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる