ID非公開

2018/8/22 1:20

33回答

茶道は今後盛り上がっていきますか?

茶道 | 趣味358閲覧

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2018/8/23 15:57

なるほど。 期待して待ちましょう。

その他の回答(2件)

0

上の社会に参加するためには、これだけの儀式はして、 これだけの教養を身につけてくださいね、というのが無くなってる。 お金持ちなら、高度な技術が必要な物を注文する、ということがあれば、 技術を持っている人にお金がいき、技術が保存され、社会が豊かになる。 こういった好循環を支えるために 稽古事や冠婚葬祭に伴う行事があって、 上の社会に属するためにはこういうことをしなければならない社会だと、 結局みんなが豊かになるんですね。 悪平等がまかりとおると格差社会となります。 格差を固定するには、能力の無い人が上に来るのがいちばん、 能力の無い人たちが、社交をしない、お給料だけせしめて閉じこもってる。いまちょうどこんな社会になってますから、お金があるのに結婚式などしない人と、そんな人たちのせいで結婚式などができない人が増えてるでしょう。 どんどん、国が貧乏になっていきますね。 国を疲弊させないための茶道だったんですよ。 茶道はもとからそんなに参加する人が多い稽古事ではなかったけれど、いまの老人が若い頃に敷居が下がり参加人数が増えたということもありますね。 茶道のみならず、この700年ぐらい続いてきたいろんなものがいま衰退しておりますね。 社会に問題があるだけでなく、個々にみていくと衰退していくものに問題があることも多いでしょう。 700年前はどんなだっかというと、やはりその前700年ぐらい続いてきたものが衰退する時代でした。このままでは文化が滅ぶと当時文化を支えていた人は思ったことでしょう。 でも、実際にはこのとき、お能も茶道も華道もできていったんですね。 茶道が続くものとして残るか滅びるのかはわかりませんが、いまが人が持続的に豊かであるという点では底ですから、 続くか、あらたに同等のそれ以上のすばらしいものができるかはいまを生きるそれぞれの人次第でしょう。 敷居が高いものを敬遠する人は、高いお給料を頂戴することも敬遠することによって、未来のこども達が住みよい社会づくりに参加することができます。

ID非公開

質問者

2018/8/23 10:41

すみません無知なので正確に理解出来ているか分かりませんが、今後茶道は変わる事なく基本的にはそのまま。今まではたまたま習う人が増えてて、今後はあるがままって事ですか?

0

学校茶道・学校華道には力を入れていますね。 薄茶を点ててふるまう、あるいは頂く程度までは行きますが、 いまの学校制度や習い事の多さからは、 それ以降の茶道に進むのは難しいでしょう。 家の後継者とか修行のメリットが無ければ、 いまのシステムでは、行き詰まる気がします。 高齢者はせっかく途中までしたことを極めたいとか、 道具もあるし死ぬまで続けたいとか、自己完成したいとか。 それでも正座が出来るうちは、とかの限界があります。 許状を取るためには、費用も時間もかかるし、 なにより師弟関係は旧態全で忍の一字というのが実態です。 上に行くほどお金の動きはけた違いになっていきます。 教養程度、茶名程度にとどめて置けば、 ジレンマに振り回されないのかなと…。 そう言うのはどの「道」にも言えることかも知れません。 本当の高みに立ってみたら、 もっと違って見える世界があるのでしょうが…。

ID非公開

質問者

2018/8/22 20:56

なるほど いままでは全国的に普及してましたが、習われる方が少なくなってきた今、起死回生の何かをするのかなあと思ってましたが。 昔みたいに大きくする必要もないんですね。 精神性というか、そういった方を深める方向に進むのもありですかね。しかし若者は余計少なくなりそう…