ここから本文です

アメリカこそ大艦巨砲主義であり、日本こそ世界で初めて大艦巨砲主義から抜けた先...

hos********さん

2018/8/2303:59:27

アメリカこそ大艦巨砲主義であり、日本こそ世界で初めて大艦巨砲主義から抜けた先進的な国なのです。

ヤマトガー、ムサシガーとか言う、シュルツェンもHEAT(対戦車榴弾)も知らずに10式戦車のスカートがペラペラとか言ってる左翼の清谷真一と同レベルのにわかがいますが、大和も武蔵も開戦時にはほぼ完成していて変更の余地がなかったのですよ。
だから三番艦になる予定の信濃は空母に改修したじゃないですか。
どこが大艦巨砲主義なのやら。
世界初のジェット戦闘機を作り上げたあのナチスドイツでさえ、イギリス軍の戦艦に対して航空攻撃では歯が立ちませんでした。
逆に日本は徹甲弾を改造した爆弾を作り、高性能な魚雷を作り、日本独自の技術を駆使して大艦巨砲主義を抜けたのです。
この素晴らしい技術がなければ、大艦巨砲主義から抜けられませんし、抜ける必要もありません。
飛行機が弱ければ戦艦が最強なのは当たり前です。
ロックフェラーに賄賂をもらってスターリンに騙されて、アヘンで儲けた中国に肩入れして、チャーチルに唆されて、日本軍の暗号を解読していて敢えて軍には伝えずに、キンメルを囮にして真珠湾攻撃を誘発させて、原爆や無差別爆撃を計画して、日本人の頭蓋骨は白人より2000年遅れてるとかヘイトスピーチかました史上最低の大量殺人鬼ルーズベルト。
この常識に気が付けば、日本軍を悪く言うナショナルジオグラフィックのようなドキュメンタリーのほとんどが、反日プロパガンダだとわかるはずです。
どうして日本軍を悪く、ただそれだけではなくバカで雑魚だったということにしたがる奴がいるのですか?
日本軍は世界一国際法を遵守し、頭もよかったのです。
ルーズベルトが仕掛けた侵略戦争である大東亜戦争は、「日本に18発の原爆を落とすまで絶対に降伏させるな、和平交渉など全部拒否、日本を滅ぼすまで戦争は止めない」ということなので回避不可能です。
やっぱりWGIPに洗脳されている奴が多いから、戦艦大和をバカにするバカが出てくるのでしょうかね?

閲覧数:
174
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dec********さん

2018/8/2304:34:37

保有する戦艦の数を限定されていたのだから、一艦あたりの戦闘力を上げようとするのは当たり前。
単純に日本が条約尊守の姿勢だったことを表しています。

旧日本軍のことをとにかく悪く言う発言はいろいろ残ってますが、それらが本当は理にかなった賢いものだったことは今はばれてますね。
風船爆弾とかが代表例。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tos********さん

2018/8/2411:41:48

??????。こだわったからこそ、大和を沖縄に特攻させたのではないのですか?。片道半の燃料で。

沖縄に、無事にたどり着けると考えていたからですよね。座礁させて、砲台として使うなど。

貴方なら、沖縄にたどり着けたとして、どの位の間、砲撃出来たと思いますか?

uen********さん

2018/8/2411:06:47

えーと、それで???大艦巨砲主義であろうが航空主義であろうが、あんなにコテンパンに負けたら何を言っても負け犬の遠吠えにしか聞こえない。

>日本軍の暗号を解読していて

ウソをついてはいかん。アメリカが解読していたのは外務省の暗号だけ。その後、ミッドウェー海戦のちょっと前に海軍に暗号を解読。陸軍の暗号は最後まで完全に解読出来なかった。

>だから三番艦になる予定の信濃は空母に改修したじゃないですか。

それは結構だが、アメリカは別にわざわざ「改修」なんかしないで最初から空母をガンガン作っていた。週刊空母、月間空母を知らないのか?

フーバーやハミルトン・フィッシュを持ち出したら恥をかくだけ。この二人は共和党で、民主党のルーズベルトにフーバーは大統領選挙で、フィッシュはそれ以前のニューヨーク州知事選でルーズベルトにムチャクチャに負けたからそれが悔しくて、ウソまでついてルーズベルトの悪口を言った惨めな連中だ。アメリカでは物笑いになっている。この二人を評価するのは日本のネトウヨだけだろうな。

>「日本に18発の原爆を落とすまで絶対に降伏させるな、和平交渉など全部拒否、日本を滅ぼすまで戦争は止めない」

いつ、誰がそう言った?具体的に教えてくれ。

one********さん

2018/8/2316:42:28

>日本軍の暗号を解読していて敢えて軍には伝えず

日本政府が外務省の暗号を使用して在米日本大使館に送った電文を傍受し解読したのは米陸海軍です。

そして、その情報を軍がルーズベルト大統領に挙げていました。

なお、質問者が↓で書かれている「フーバー大統領やハミルトン・フィッシュ議員やマッカーサー」は当時のホワイトハウスには居ません。

すなわち、彼らがその後に書いたり言ったりした真珠湾攻撃前後のものは全て「また聞き」ということになり、その内容の信憑性は当然ながら下がります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

zer********さん

2018/8/2309:16:59

大艦巨砲主義が戦前から既に「旧態依然とした戦略方針」というニュアンスで用いられていたことを知らん人はどこにでもいるもんです

>日本軍は世界一国際法を遵守し、頭もよかったのです。
そんな国は戦争仕掛けません。ものをどこに売るかは客が決めるのではなく売り手が決めることです。それを売ってもらえないから戦争で解決。なんてのが国際法順守とか論外。法は当然として心情的にも、圧力かけてきた米国はともかく、蘭印なんて日本の求めに応じて既存輸出量の3倍まで原油供給を増やす回答をしたのに、足りんからといって問答無用で侵攻とかさすがにやりすぎでしょう。植民地解放の旗印だって仏印に進駐した理由は「現地の反乱勢力の鎮圧に協力」って名目で、独立支援どころか潰しにいってるんですからね。

なお米軍は1945年5月にドイツが降伏して以降はポツダム宣言前も何度も無線や第三国経由で日本に降伏を迫りましたし、記録も残ってるので「日本に18発の原爆を落とすまで絶対に降伏させるな、和平交渉など全部拒否、日本を滅ぼすまで戦争は止めない」っていうのもでたらめです。まぁ勝手に創作してるのはさすがに自分で理解してやってるとは思いますけどね。

自分は他人の発言の不正確性を批難しているのに、自分も適当なこと言っちゃいけませんね

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる