ここから本文です

ベストアンサー以外の回答

6〜8件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cor********さん

2018/8/2515:35:52

タトゥーの有無に関わらず温泉なんか行かないからどーでもいい。
タトゥーよりも水虫やインキンのオッサンとかと同じ風呂に入る方が嫌。

was********さん

2018/8/2514:30:40

ファッションでワンポイントぐらいなら全然いいと思いますね。
和彫りで全身に入れてる人はダメだと思う。
そんだけ目立ってても、見てたらどーせ因縁つけてくるだろうからね。
だったら入墨なんか入れなきゃいい。
しかも会社の人が全身和彫りだけど、見てても汚いしね。

nis********さん

2018/8/2513:46:47

自分だけは矢面に立って悪者になりたくないからでしょ。
そして…「嫌い」「不快」「怖い」みたいな主観が批判理由として真っ先に挙がるにも関わらず、無理にでも主体性を暈そうとするから外国人なんかには理解が出来ないのではないかな。

で?一体誰の主張なの?!…って話になるのでしょ。

次いで批判根拠として挙がるのは人格非難、人格攻撃が鉄板です。
悪いのはオマエなのだから、相対的に自分は正しい…的な論法。
一般的には経済格差や学歴をあげつらって批判したのでは不見識と言われそうなモノですが、入れ墨を批判する目的に限り不問とされるフシギ。
入れ墨なんて海外でも底辺の証…みたいな話でも、無批判に流布されてますよね。

「アウトロー」と表現すると一般性がある様にも聞こえますが…温浴施設なんかで断わられる例なんかだと、始まりは明らかに暴力団排除を目的としていました。
目立ち始めたのなんて、大体バブル期辺りからですよね。
入れ墨はヤクザ者に目立った特徴として併記されていた程度。
方便みたいな感じね。
でも平成3年施行の暴対法で潮目が変わり、当時と30年近く経つ現在を比べたならヤクザの存在感なんて格段に目減りしています。
また…暴対法施行前はヤクザ自身が入れ墨を専売特許と言わんばかりに主張していたものだから、一転して不利な目印になってしまったみたいね。
都合が悪くなったものだから、以前の様なマストではなくなったとも聞きます。


ステレオタイプ的に語られる場面も多い江戸時代の刑罰なんかは、146年前には廃止されています。
イメージとでも言ってさえいれば何でもアリな所もあるのかも知れませんが…時代劇位でしか触れる機会も無い様な情報ではファンタジーも同じですね。

ココ30年位のリクツの変節ぶりにも触れずにレキシだのブンカだの言っても、場当たり的に都合を並べているだけと言う印象にしかならない。

元々は、親不孝だから止めとけ…みたいな理屈から、それこそ千年以上も昔から批判的な評価がありました。
この辺に準拠するなら、批判的扱いが「日本の文化」位の事は言えると思います。
でも、先ずスルーされているのが実状なのではないかしら…

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる