ここから本文です

外国のラジオも日本と同じ周波数使ってますが、お互い混信しないんですか?

dam********さん

2018/8/2900:47:48

外国のラジオも日本と同じ周波数使ってますが、お互い混信しないんですか?

夜になれば韓国のラジオとか沢山入りますが、日曜日の深夜は日本のラジオは休止しますね。
日本のラジオが休止すると驚くほどに韓国語が鮮明に聞こえます。
しかも日本のラジオ局が使ってる周波数と同じ。
1134KHz文化放送が終了すると韓国語がハッキリクッキリ、中国か台湾の局もうっすらと聞こえました。
これはAMの話ですが、FMも外国と同じですか?

閲覧数:
80
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

fau********さん

2018/8/2908:07:55

>外国のラジオも日本と同じ周波数使ってますが、

AM放送については近隣諸国と同じですね。
放送バンド(周波数帯)は だいたい同じで 530kHzあたり~1600kHzあたりです。
ただし、ヨーロッパ・アフリカ地域と アジア・オセアニア地域では 9kHzごとの割り当てになっています。
南北アメリカ大陸では 10kHzごとの割り当てということです。

>お互い混信しないんですか?

します。
AM放送で使われる「中波」の電波は 夜間には上空の電離層で反射され遠方の地上に届きます。
高度 約100kmで反射されてきて、数百km~数千kmの遠方に届くようになります。
昼間は聞こえない局の電波が届くようになり、混信が起こることもあります。

裏日本の一部地域では AM電波だと外国からの混信が酷いので、AM放送の内容を FM電波で中継放送している地域もあります。

>これはAMの話ですが、FMも外国と同じですか?

FM放送で 76~90MHzを使用しているのは日本だけです。
諸外国では 88~108MHzくらいを使用している国が多いです。
あと 60MHz台を使用している国がちらほら・・
https://www.sony.jp/products/overseas/contents/japanese/denkihoso/p...

VHF帯(30~300MHz)の電波は通常は電離層では反射されませんが、「スポラディックE層」や「ダクト」が発生したときには、通常は届かない遠方に電波が届くようになるので混信が起こる場合があります。
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/faq/denpan.html

ただ、前述のように周波数が違ったので・・・

地上波テレビがアナログで VHF帯を使用していたときには、日本のテレビの周波数は
1ch:90~96MHz
2ch:96~102MHz
3ch:102~108MHz
だったので、これに混信してくることがありました。

日本で「ワイドFM放送」が始まり、リスナーの方々が FMラジオをダイヤルを 90~95MHzに合わせる機会が増えました。
「スポラディックE層」発生時などに、知恵袋「ラジオ」のカテゴリーで「FM放送で外国語の放送が聞こえるんですが・・・・」などという質問が投稿されるようになりました。
「スポラディックE層」発生時には 300km以上離れていれば聞こえるので、今までも国内局は聞こえていたハズですが、外国の局が聞こえてきたので、目立ったり疑問に思う人が増えたのでしう。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tok********さん

2018/8/3012:48:21

AMの中波放送では、一応、世界の国々が集まり、
混信をなるべく防ぐ周波数の配分や手立てはしていますが、
夜間になると電離層反射で、昼間は混信を与えない
遠い放送局の同じ周波数の送信電波があります。

相手の国も同じ様に
日本の放送局の電波が混信を与えています。

これは、やむおえない事なのです。

FMに関しては、使っている周波数が高いので、
電離層反射はおきにくく、混信を与えることは
殆どありませんが、夏、温度が高くなると、
電離層にスポラディックE層が発生します。

それが発生すると、FM局の使っている送信周波数帯でも
遠くに電波が伝搬する場合もあります。

tti********さん

2018/8/2920:59:06

既に回答が付いてますが追加で。

FMという放送自体が混信を起こしにくい性質を持っています。

AM(振幅変調)という方式は、複数の同じ周波数の電波が飛んで来たら、飛んできた電波を「全部音にしてしまう」という性質があります。
だけどFM(周波数変調)という方式は、強い信号を「選択的に音にする」という性質があります。

また、FMに使われている電波はAMに使われている電波よりも「高い周波数」が使われてます。高い周波数というのは「障害物に弱い」んです。でも、これは逆に言うと、遠いところの電波は障害物に阻まれてしまって飛んでこないという事でもあります。これも混信を起こしにくい因子になります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ter********さん

2018/8/2907:36:27

AMの場合は、例えば大阪で1134kHz文化放送を聴こうと思ったら、同じ周波数の韓国のラジオ局とは混信して、時間が経てば交互に片方が強くなります。

ただ、地元でAMラジオ局を聴くなら、そちらの方が強く受信するから、まず混信しないですよ。で、日曜日の深夜に停波したら、外国のラジオ局は聞こえてきますよね。

例外として、名古屋のCBCラジオ1053kHz(50kW)では、同じ周波数で北朝鮮は1500kWで電波を飛ばしています。もう夜間は岐阜県や三重県の途中から北朝鮮の言葉が混じって来るし、名古屋でも無音になれば微かに何か聞こえています。

それが関係しているかどうか知りませんが、AMでCBCラジオを聴いてたら、小さな音を持ち上げるコンプレッサーの圧が、他の大都市ラジオ局よりヒドくて、私の耳には痛く感じる位です。ワイドFMはマシで、radikoでは少し物足りなさを感じるように違います。

twe********さん

2018/8/2902:14:48

dam_on_seeさん、ITUという国際組織がバンドプランを会議で決めてるんですが、短波・中波・長波という電波の特性上、越境受信ができてしまうのです。その越境受信の趣味が大流行りして1970年代のBCLブームに繋がりました。
>これはAMの話ですが、FMも外国と同じですか?
Es層(スポラディックE層)の発生やラジオダクトで、本来は電離層を突き抜けるVHF(FM放送含む)を反射若しくは屈折する事がありますが極稀です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる