スイミング教室に、お子さんが通われている方に質問です。小学生の最初のクラスは、けのび・ばた足を練習するクラスだと思うんですが、、、うちの子は、背が低くて、プールで底上げの台のない場

スイミング教室に、お子さんが通われている方に質問です。小学生の最初のクラスは、けのび・ばた足を練習するクラスだと思うんですが、、、うちの子は、背が低くて、プールで底上げの台のない場 所が怖くて仕方ないらしく学校では、検定に合格してる、けのびや、ばた足もスイミング教室では、ビート板がないとなかなか、やろうとしないため、半年間、先に進みません。スイミング教室で上手に泳げるようになって学校のプールの時間に困らないようにと習い始めたのですが、、、学校では、できてスイミング教室では、できないので、、、どうしたものかと困っています。 コーチは、熱心なコーチで信頼もできる方なので、できたら教室を変えたくはないのですが、、、ほかのスイミング教室が、どのような感じで練習をしているのか気になります。参考までに、けのび・ばた足のクラスの練習の様子をご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。 できましたら、底上げの台事情や、どちらのスイミング教室か教えて頂けたら嬉しいです。周りからは、あちこち見学して子供がプールの深さを怖がらない環境で練習してるスイミング教室があれば、体験もして子供と話し合って教室を変えてみたら?と言われてます。

補足

コーチには、ずっと相談しているのですが、1人だけ違うメニューにしたりする事はできず、台も、うちの子のためだけに増やすことはできないので、とにかく慣れしかない!とゆう感じで、、、子供も頑張って何回かチャレンジはしてるんですが、台にたどり着く前に息が続かずバタバタ溺れるみたいになったところをコーチに腕をつかまれるとゆう感じで、、、さすがに怖くなってしまったようで、そのメニューになると、やらなくなってしまいました。 そのメニューは、ビート板も背中につける浮き具も取って、台から台まで(10メートルくらいかな)けのび&ばた足です。 子供いわく、つま先立ちで、やっと口が出る深さらしいんですが、、、。 学校のプールは、余裕で顔が出るので怖くないらしいです。

小学校 | 水泳312閲覧

ベストアンサー

0

大なり小なり、色んな悩みを持つ親御さんは居るでしょうけども、はっきり言ってそんなに心配する事ではないです。 「早く上達してほしい」「なぜ、うちの子だけ」「なんとかしたい」という親心は理解できますが、習っているのはお子さんですから、正直言って見守るしかできませんし、あんまり悩むべき事ではありません。心身共に成長すれば問題ないです。親が「あ~だ、こ~だ」言ったところでお子さんもかえって自信を無くし兼ねませんし、親の為に水泳をしている訳でもありませんよね。お子さんが悩んでいれば相談に乗る事は必要ですが、過度にお子さんの上達度合いに敏感になる必要はありません。 とりあえず大切な事は‘‘水泳を楽しむ‘‘という気持ちが大切なので、あまり心配せずに見守る姿勢が大切です。幼児期や学童期に何の問題も無くスムーズに上達するのが理想なのではありません。本人成りに「上手くなりたい」「早く綺麗に泳ぎたい」という意志が出てきて、‘‘水泳‘‘から‘‘競泳‘‘を意識し始めれば、放っておいても早く上手くなります。身長ですが、こればかりは努力したところで直ぐ結果になる訳ではありませんし、然程心配する必要はないです。要は気持ちの問題なので、成長と共に「足が届かなくても怖くない」という気持ちになるまで待ちましょう。 どこのスイミングクラブも基本的に深さは変わりないですよ。水深、大体1.3m前後ですかね。水泳連盟が公認するようなプールや公式大会が開かれるプールは深いですが。底上げ台についても、殆どのクラブで同じものを使用しているはずです。(赤いやつ) 中には床が稼働式になっているプールも多数存在しますが、そんなに都合良く地元に存在しないのが普通なので、やはり慣れるしかないでしょうね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。確かに、その通りです。私が1番、子供に望むことは、水泳を楽しんでできるようになったらいいな!と。 今は、見ていると、とにかく、もどかしい気持ちや熱心に教えてくれているコーチに、なんだか申し訳ない気持ちになってしまいます。 かといって、子供も頑張ろうとしているのに、恐い!とゆう気持ちがジャマして体が動かずとゆう状態です。私にできる事は、子供の話を聞く&練習する環境作ることぐらいかな

お礼日時:2018/9/7 23:59

その他の回答(6件)

0

直ぐに 通える範囲内のスクールでお子さんに合っている所を見つけあげて そこへと変えてあげるべき!!だと思います。 そのスクールは そもそも最初から お子さんタイプの子供に対応出来る用意が出来ていないスクール もっと言えば 対象にしていないスクール です。 このままだと ますます お子さんを水泳嫌いにしてしまうと感じられますし そのコーチの本音は、貴方親子を何とか引き止めて売上減を阻止したい だとも感じられます。または 経営者からそう指示されていると感じられます。

0

いきなりけのび・バタ足ですか? 娘が通っているスイミングスクールでは、 小学生でも顔つけや潜る事からスタートします。 けのびの前には浮いたりボビングもあるので、 合格していればけのびで台まで辿りつけなくても、 台と台の間は2m程しか空いていませんし、 ボビングを1~2回すれば台まで行けます。 バタ足のクラスも一緒にしていますが、 1コースを左右に分けているので、 バタ足クラスは4mくらい空いてます。 娘のスクールでは、 息継ぎなしのバタ足は6mです。 それでも息が続かず、 足を付いて不合格になる子もいるのに、 10mはよっぽど上手くスタートし、 バタ足でしっかり進めないと、 息が続かないでしょうね。 プールの深さは、他のスクールに変えても 変わらないとは思いますが、 他の所で体験や見学をして、 考えてみてもいいかもしれないですね。

0

学校で出来てるなら。 今無理して習わせなくても良いような気がするけど。 1回退会するなり。休会するなりして。 スクールのプールで顔が余裕で出るようになってから。 再開したら良いんじゃないのかな。

0

都内電鉄系の大手スポーツクラブのスイミングスクールです。 初級クラス(いくつかに分かれているけど)は5メートルくらい起きに底上げ台があります。 無いところにコーチがいて、子どもの手を引っ張ったりして支えたり誘導したりしています。 小学生も幼稚園児も一緒にやっているようです。

0

うちの子供が通ってるスイミングは、ばた足、けのびをするのは水に慣れるためのクラスなので、補助具なしでやる時は、三メートル位から徐々に練習させていますね。そして子供のレベルにあわせて手を貸してあげたり、もっと5メートル、それ以上と徐々にのばしていって自信をもたせてましたね。 うちの子は顔を水につけることかできなくて、一年以上その最初のクラスにいたので、 見ている私も辛かったですし お金を無駄に捨ててるんじゃないかとも悩みました… が、小学一年の夏休みに私が連れていった市民プールで一緒に入って、大丈夫できるよ、できるよ!と少しずつ遊びながら練習させてみたら、顔をつけるのもいやがってた子がスイスイ泳ぎ出したんです。 学校でできているなら、そのうちできるようになると思います! 気分転換に市民プールなどに一緒に行って 一緒に練習してあげるのも自信に繋がるかもしれませんよ。 ちなみにスイスイ泳ぎ始めた子供はあっという間にレベルアップしていき4泳法マスターしました! 子供を信じてあげること、 時々、スイミングではないプールで遊びながら自信を持たせてあげることもいいのては?