ここから本文です

スイッチのちょい押しで30秒から60秒後位に一瞬(0.5秒位)だけONになる回路がタイ...

jig********さん

2018/9/318:15:54

スイッチのちょい押しで30秒から60秒後位に一瞬(0.5秒位)だけONになる回路がタイマーIC(555など)で出来ませんか?使用電圧は6Vです。どなたか教えてもらえないでしょうか?

閲覧数:
132
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

okw********さん

2018/9/318:36:09

LMC555を2個使えば簡単にできます。ブレッドボードで実験してから回路図を紹介します。回答は明日(9月4日)になりますが、それでもいいですか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/9/4 12:43:46

貴重な時間を割いて、検討また回答頂いて感謝しております。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

por********さん

2018/9/400:25:29

例えば以下のような回路。時間はR,Cで調整する。
http://www.analog.com/jp/design-center/reference-designs/circuit-co...

あるいはこれを2個使う。(電圧を落とす必要がある。)
1個目で遅延時間、2個目でON期間を作る。
https://www.ebay.com/itm/5PCS-Multifunction-Delay-Trigger-Timing-Ch...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

the********さん

2018/9/322:15:09

もし、タイマーICで組むことが目的でなかったら、マイコンチップを使う手もあります。

タイマーICだと、「30秒から60秒」と「0.5秒位」の2つの時間を作らなくちゃならないし、部品のばらつきや温度変化などで、時間の精度は期待できないけど、マイコンなら、プログラミングさえ覚えれば、どんな設定もハードウエアの複雑化(部品点数やコストの増加)なしで作れるし、「時計ほどではない」くらいの高精度で動作します。

また、例えば、「30秒後に0.5秒」の設定を「60秒後の1秒」に変えたいとかいう場合も、部品の変更なしで、プログラム書き換えだけで対処できます。

例えば、Arduinoに使われているATMega328Pなどを使えば、555に時定数を決めるCR部品を組み合わせるのと大差ないコストで作れると思います。(初期投資的に数千円程度かかるけど)

もちろん、555の精度で充分、プログラムを覚えたりマイコンを使える環境を揃える気はないなら、マイコンのことなんか考えないで、okwave_inara1さんの書き込みを待ちましょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる