ここから本文です

がん保険、がんの治療法について がん保険検討しております。 チューリッヒと...

アバター

ID非公開さん

2018/9/408:15:38

がん保険、がんの治療法について

がん保険検討しております。
チューリッヒと富士生命で迷っており、
がん治療についてご教示ください。

チューリッヒは給付金の事由が、
放射線治療、抗がん剤、ホルモン剤治療を
受けた際となっています。
入院等ではなく、治療で払われるというのがチューリッヒの
メリットと思うのですが、
相談したうちの一人のFPさんが、この先4,50年付保する年月があり
その中で新しい治療が出来、これらの治療ががん治療のメインで
なくなる可能性もある。
もし新しい治療法が出てきた場合、一切使用できなくなるので
おすすめできないと言われました。
その為、その方は富士を推しです。

未来の医療進歩はどなたも断言できないと思いますが、
直近50年で治療法が全て入れ替わる可能性はかなりあるのでしょうか。
元々富士の保険にも興味があった為、そのFPさんの意見に揺れております

万が一の為の保険で、
給付事由がこの先どうなるか分からない、、となると
リスキーすぎるのかと迷います。
お詳しい方ご教示ください。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
541
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

roo********さん

2018/9/412:43:08

私見ですが、その二者択一ならば、富士を選択します。
特約は付けずに、できるだけ診断一時金を高くしますね。

で、そもそもなぜがん保険が必要なのかです。

そして、いつ必要なのか、どれくらいあれば安心なのか…いろいろと検討するポイントはあります。そのポイントをおさえていないから、悩むのでしょう。

例えば、その二つの保険は終身タイプですが、70歳や80歳まで必要ですか?
80歳でがんになって、経済的に心配なことある?積極的に治療を受けたい?

そして、今がんになったとして、抗がん剤治療を受ける?放射線治療を受ける?
医者は自分ががんになったら、抗がん剤治療はしないと言われています。
何が正しいのかは、ご自身で調べて判断するしかありませんが…。

と、いろいろと考えたら、やはり自由に使えるお金がある事が一番安心できると思います。
であれば、診断一時金がメインの富士のがん保険が良いかもしれませんし、終身保障が必要ないのであれば、定期タイプの保険が安くて合理的かもしれません。

もちろん、保険に加入せずに資産運用して持っているお金を増やして備える選択も間違いではないと思います。

長々と書きましたが、医療保険やがん保険は複雑で難しいですが、いくつかのポイントをおさえていけば、答えはでると思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cal********さん

2018/9/417:54:29

難しく考えすぎです。
まず、大前提の保険料を確認してください。

年齢等の諸条件が分かりませんが、富士は40年程度で払った保険料の方が、一時金よりも高くなります。つまり老後にガンになっても損します。そもそも40年後50年後の保障はないです。

チューリッヒは総額50万~70万ほど。
抗がん剤治療は1年2年にもなるので、何歳で抗がん剤を使ってもメリットがあります。

では直近でガンになったならでいえば、治療法が変わっていません。

「40年後には確実に保障がなくなる」と「もしかしたら40年後に治療法が変わるかも」では、老後の備えとしては勝負にならないでしょう。
2回目以降のガンを想定するなら、多少は変わりますが。

こうなってしまうのは、富士が特別におかしいのではなく、保険の性質によります。
本来は「大勢から少しずつお金を集めて、不運な極少数に大金を分配する」のが保険です。

「給付事由が厳しいからダメ」
「支払のハードルが低く、何にでも使えるからオススメ」

なんて言う営業がいたら、詐欺か無能を疑った方が良いです。

「抗がん剤を使う可能性は相対的に低いが、低確率だからこそ安価で効果的な保障が得られる」が正でしょう

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる