ここから本文です

日本海軍がドイツ空軍に ゼロ戦の長所をプレゼンして売り込んだ場合、 ドイツ空...

kok********さん

2018/9/501:18:43

日本海軍がドイツ空軍に
ゼロ戦の長所をプレゼンして売り込んだ場合、
ドイツ空軍は買ってくれたのでござろうか?

閲覧数:
2,019
回答数:
22

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sst********さん

2018/9/619:29:12

当時の日本の工作技術レベルは、家内制手工業の時代。
造兵省とて多様なものです。
優秀な工作機械は、ドイツかアメリカ製の時代です。
まともな工作機械の作れない、大日本帝国のレベルが見て取れる。
そんな時代に、ゼロ戦は例外的なレベルの航空機でしょうね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/21件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mig********さん

2018/9/711:52:58

▼ 日米開戦が、1番肝心な「バトル・オブ・ブリテン」の後では、後の祭りかな。

◆【“零戦不敗伝説” 】↓ダーウィン上空【零戦26機vsスピットファイア33機】
昭和18年5月2日、零戦26機にスピットファイア33機と、数では劣勢にも拘わらず、被弾に弱い一式陸攻25機を守りながら、スピットファイア13機を撃墜。
尚かつ↓「全機帰還」の完全勝利。
http://osabetty.com/SHOP/0-025L.html

◆【“ラバウル航空隊↓69対0の記録” 】昭和19年(1944年)1月17日
https://www.youtube.com/watch?v=QoDmXXK5rE8

▼ 日米開戦が、1番肝心な「バトル・オブ・ブリテン」の後では、後の祭りかな。

◆【“零戦不敗伝説”...

mop********さん

2018/9/707:07:16

害吉くん、おはよう

ken********さん

2018/9/602:01:51

ドイツがゼロ戦に求める長所が、あまりないです。

唯一あげられる航続距離も、必要と認識していたら同時期に初飛行を終えていた
Fw190の開発を急がせます。
が、ドイツはそれをしていなかったので、そうなると空母もないのでゼロ戦の利用価値はかなり薄いものとなります。


あと史実を知らずに勝手なこと言う人が多いですけど、ドイツは使えると判断したものなら使う国です。空軍で言えばイタリア軍機で編成された航空隊も存在しますし、
練習機には戦闘では役立たずとされたフランス軍機を使用してます。
利用価値があれば日本のゼロ戦も使う事はあります。

oba********さん

2018/9/521:35:30

相手にされません。
ドイツには同じ空冷エンジンのFw190が存在しており
飛行性能や武装は圧倒しています。

零戦の航続距離は300km/hでのんびり巡航している時の数値に過ぎず
離陸後すぐにフルパワーで急上昇する欧州の空戦パターンでは
何のアドバンテージにもなりません。

luf********さん

2018/9/520:52:15

航続距離こそドイツ機より上ですが、四発重爆にまで急降下性能を求めたドイツ空軍が急降下速度制限629.7 km/h (340kt) の零戦を買うとは考えられないです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる