ここから本文です

こちらをご覧ください。

sno********さん

2018/9/501:31:38

こちらをご覧ください。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141956435...
これは筆者の質問ですが、改めて際様にリクエストさせて頂きました。

際様はセクハラはされた側が精神的苦痛を感じるかどうかだとよく仰ってましたね。
この質問の場合はやはり同僚の○○が精神的苦痛を受けたと言う事で筆者が会社に存在していただけでセクハラの加害者になると言う認識であってますか。
いるだけで加害者と言われても色々と困ります。
困りますと言うとやはり被害者の感情を配慮ない勝手な言い分になってしまうのですか。

その場合、勧告を受け入れて退職すれば慰謝料を請求されたりって事はなくなりますか。
○○に慰謝料を払って妻にも慰謝料を払って養育費も払うとなると破産宣告は間違いありません。
そんな泣きついても被害者の感情を配慮しない勝手な言い分で支払いを免れる事はできませんよね。

○○にとっては筆者がキモく思えて生理的に無理で筆者がいるだけで精神的苦痛を受けると言うのはわからなくはありません。
でも筆者はほんとになにもしてないんです。
どうしても必要な時以外は話しかける事は話しかける事はありませんでした。
むやみに○○を見たりする事もありません。
もちろん指一本触れてません。
○○の前で性的な書物を広げたりなどと言う事も一切してません。

それでもやはりいただけでセクハラは成立してしまうのでしょうか。

この際、筆者は勝手で構いません。
被害者の感情を配慮してないと言う事であろうと人生を捨てる意思は今のところありません。

際様の見解をお願い申し上げます。

この質問は、yc_********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
103
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

際慶子さんの画像

専門家

際慶子さん

リクエストマッチ

2018/9/514:42:44

短い文章で要点だけ回答させていただいたので、少々わかりづらかったかもしれません。

セクハラが一義的に行為を受けた本人の主観にあるというのは、ある人が他人に対してどのような感情を抱くかはその人の自由で、その人の個人的な見解や感情に他ならないですから、その点については外部からのコントロールは及ばず、その人にとってはセクハラを受けたという認識になる、ということです。

これは貴方に限らず、誰しもが経験していることだと思いますが、こちらは特段、何をしたわけでもないのに、なぜだか相手から嫌われていたり、他とは違う扱いをされたりということはあると思います。

ただ、個人の感じ方は自由だといっても、その人が感じた「生理的にむり」という感情はあくまで主観的に感じたことでしかありませんから、そのように感じた相手を罰するとか、職場から排除するなどの不利益を与えることはできません。

「加害者」という言葉を気にされているようですが、相手が「生理的にむり」だと感じるだけで、貴方が加害者になるわけではありません。

相手の方が貴方のことをどのように思ったとしても、それだけで会社が貴方に対して退職勧告するというのは間違っていますし、会社の対応は不法行為に該当する可能性もあり、強行に貴方を職場から排除した場合は、損害賠償責任を負うこともあります。

退職を強要されたとしても、応じる必要はありませんから、本社人事部やコンプライアンス部門に相談し、適切な対応を求めてください。
社内に相談窓口がないようであれば、所轄都道府県労働局の行う紛争解決援助制度を利用することも可能です。

質問した人からのコメント

2018/9/7 23:13:24

ありがとうございます。

ご意見が聞けてよかったです。
セクハラにあたらないという事で安心しました。
あげて頂いたところに相談したいと思います。

回答した専門家

際慶子さんの画像

際慶子

特定社会保険労務士

働く女性と労動者の側に立つ特定社会保険労務士

【労働問題は、裁判以外の方法で、余分な時間やお金をかけずに解決しましょう!】 ◆初回無料相談 「Yahoo!知恵袋をみた」とお伝えください。 電話番号 090-6934-1397 原則9時~20時            つながらない場合がありますが、伝言を残していた...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mis********さん

2018/9/501:45:15

セクハラには、当たりません。そもそも性的な嫌がらせであり、積極的に行って初めて成立します。また、セクハラが法的に咎められるには、不法行為となる必要がありますが、明らかに不法行為は成立しません。退職勧奨もそれに基づいているのであれば、不当ですし、長期に及ぶものであれば違法にもなりかねません。
離婚に関して、裁判で離婚になることはまずないでしょうが、奥様が内心でどう思うかは自由ですからそう思われているなら一緒に生活できないというのであれば、協議離婚の余地はあると思います。
このご時世、セクハラに社会の目が厳しくなってきたこともあり、不必要なところまでそれがおよんでいますが、聞いている限りあなたに落ち度はありません。これ以上続くようであれば弁護士さんにもっと具体的な相談をするのもいいかもしれません。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる