ここから本文です

ニューカレドニアはなぜ天国に一番近いの?

アバター

ID非公開さん

2018/9/808:08:00

ニューカレドニアはなぜ天国に一番近いの?

ユーロでなく独自フランなん?なぜ?

閲覧数:
221
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaj********さん

2018/9/808:21:16

森村圭の小説「天国にいちばん近い島」が由来で、
そう言われるようになった。

小説の中では、父が語った(略)
天国に一番近い島が、地球の遥か南にある
と書かれててます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jin********さん

2018/9/1419:20:17

「天国にいちばん近い島」

と言われてるのは、ニューカレドニアじゃなくて、
ニューカレドニアにある「ウベア島」限定です。

q_b********さん

2018/9/1418:55:03

『天国にいちばん近い島』は、小説家森村桂の旅行エッセイの中で語られたものです。

1966年に出版された、今で言うブログのような旅行記。


>子供の頃、亡き父(作家の豊田三郎)が語った、花が咲き乱れ果実がたわわに実る夢の島、神様にいつでも逢える島。

働かなくてもいいし、猛獣や虫もいない。

そんな天国にいちばん近い島が地球の遥か南にあるという。

それが、きっとニューカレドニアだと思い、ニューカレドニアへ行くことを心に誓う。

死んでしまった父に、また会えるかも知れない。
そう信じて。

母が寂しがっていると言えば、心地よいその島暮らしを捨ててでも戻ろうと思ってくれるに違いない。

そして、神様の目をぬすんで、父を連れて帰ればいい!

そう信じて出発した旅行の顛末記。


おそらくは亡父への想いと死生観も綯い交ぜになって、「天国に一番・・・」という表現になったと思われます。

ところで、質問しても回答などはどうでもよろしいようですね。
投票回しと言うことですか?

uji********さん

2018/9/810:08:24

「天国にいちばん近い島」

小説家の森村圭さんのエッセイ旅行記で、広く言われるようになったものです。
たぶんに、父親への思い入れが強くてそういう表現になったのでしょう。


フランスに海外県はたくさんあって、タヒチやグァドループ、仏領ミクロネシア、レユニオンなどもそうですが、ユーロ通貨はあくまでヨーロッパ諸国間の共用通貨ですから、海外県には適用除外というだけです。

一応自治は認められていますが、DGSEやREといった対外諜報組織も置かれています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

gog********さん

2018/9/809:47:35

「ニューカレドニアはなぜ天国に一番近いの?」

文学作品でそう表現されているだけです。実際に天国に近い訳ではありません。

「ユーロでなく独自フランなん?なぜ?」

ユーロ圏でないからです。もともとフランスフランの価値低下を嫌って独自通貨を採用した経緯がありますので、フランスフランを廃止してユーロに統合する時には、対象にはなりませんでした。そもそもが欧州地域ではありませんしね。

val********さん

2018/9/809:30:43

『天国にいちばん近い島』は、小説家森村桂の旅行記。

1966年に出版された。


子供の頃、亡き父(作家の豊田三郎)が語った、花が咲き乱れ果実がたわわに実る夢の島、神様にいつでも逢える島。
働かなくてもいいし、猛獣や虫もいない。

そんな天国にいちばん近い島が地球の遥か南にあるという。
それが、きっとニューカレドニアだと思い、ニューカレドニアへ行くことを心に誓う。

死んでしまった父に、また会えるかも知れない。そう信じて。
母が寂しがっていると言えば、心地よいその島暮らしを捨ててでも戻ろうと思ってくれるに違いない。

そして、神様の目をぬすんで、父を連れて帰ればいい! そう信じて出発した旅行の顛末。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる