ここから本文です

サルスベリの木ですが写真の様になってますが

アバター

ID非公開さん

2018/9/910:55:28

サルスベリの木ですが写真の様になってますが

病気でしょうか?
もし病気なら、どの様な薬を散布すればよろしいでしょうか?

カイガラムシ,サルスベリ,アブラムシ,スプラサイド乳剤,スス病,駆除,すす病菌

閲覧数:
314
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/9/912:00:25

カイガラムシが沢山ついていて、枝を弱らせています。白いのはカイガラムシ、黒い色はカイガラムシが出す分泌物に寄生しているすす病菌です。
急いでカイガラムシを退治してください。効果が高いのはスプラサイド乳剤を散布すると良いでしょう。

カイガラムシを退治すれば、すす病はなくなります。

アバター

質問した人からのコメント

2018/9/9 19:44:30

ありがとうございます。カイガラムシに効く農薬を見つけたので散布してみました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2018/9/912:35:54

犯人はカイガラムシですね。
被害が大きい枝は切り取って焼却等で処分。
残った部分は、高圧の水で吹き飛ばす。
高圧洗浄機ほどの圧は必要なく、水道水をノズルで絞った程度でいい。
とにかくカイガラムシを物理的に排除。
農薬でもいいけどこの方が気分がいいのでこの方法でやってる。
サルスベリは強いのですぐまた芽が出てきます。

war********さん

2018/9/911:09:03

白いのはカイガラムシです。そしてカイガラムシが取りつくに至った原因はその前にアブラムシがついて木を弱らせたからです。アブラムシの駆除をしっかりすれば、カイガラムシもつきません。アブラムシは葉が出たころから発生するので、定期的にマラソンを散布することです。今年はもうどうしようもないので、できたら剪定してください。あまり短く切るのではなく、長すぎる枝を短くしたり、混みあっている枝を間引いたりして、カイガラムシはなかなか薬が効かないので、もし気が向いたら手袋をはめてカイガラムシを掻きとってください。
葉が黒くなっているのはすす病です。しかしそれ自体はたいした問題ではなく、それはアブラムシとかカイガラムシの排泄物によって発生するので、アブラムシ、カイガラムシの駆除が先決です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ぶるこさん

2018/9/911:07:41

葉っぱが黒くなっているのはスス病です。
この病気はアブラムシやカイガラムシの排せつ物が
原因となります。
枝に白くついているのがカイガラムシですね。
こすり落としてください。
スス病へは殺菌剤を散布するのが良いでしょう。
適用農薬が無いので少量を散布し
薬害がないか確認してから全体的に散布するのが良いでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる