ここから本文です

先日ハーレーカスタム車両を購入しましたが、走行距離疑義車としての販売でしてあ...

dee********さん

2018/9/1001:15:43

先日ハーレーカスタム車両を購入しましたが、走行距離疑義車としての販売でしてある車両でした。店長との話のなかで程度などから、3,4万キロは走ってますかね~?と質問したところそんなに走っ

てないと思いますよ。との回答でした。まぁー程度などから見ると綺麗でしたので、ハーレーの排気量とエンジン回転数からしても、その位なら問題ないとは判断して契約しましたが、後に書類が出来上がって車検証を確認したところ、前回と前前回の走行距離が78000と100000キロとの表示でした。これは走行距離が多いからお店は走行距離疑義車として販売したように思えるのですが、どう皆さんは思われますか? それとも走行距離の多いメーターを途中でつける事なんてありえない気もするし

閲覧数:
211
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eas********さん

2018/9/1009:14:14

10万と聞くと少し構えてしまいますが前のオーナーがどれだけ手をいれていてくれていたかが一番の問題ですね。というか自分いつも思うのですが本国(アメリカ)のハーレーなんかはあの広大な土地を走るわけですから10万キロなんてすぐに到達すると思うんです。消耗部品やオイル交換などちゃんとしてあればゼンゼン走ると思いますよ。知り合いのハーレーは16万走行してますが現役バリバリです。大事にしてあげて下さい。自分のも7万くらい走ってますが特に問題ないですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/9/15 20:24:31

この出会ったハーレーを相棒として、ハーレーライフを楽しみたいと思います。 
ハーレーオーナーらしい回答ですので、ベストアンサーです

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

man********さん

2018/9/1101:42:37

その走行距離がオーバーホール(OH)ありか無しかで全く変わります。
フルOHや腰上OHなどしてあるなら特に問題ないと思いますが、全くしてないならそのうち不具合でる場合があります。
私はEVOに乗ってますがエンジン載せ換えてるので車検証上距離と実際距離が全く違ったりします。

nin********さん

2018/9/1018:01:07

ハーレーなどは高所得者層が使ってた車両など、高速ツーリングばかりで半年点検レベルでディーラーにお任せだったりしますので、10万キロオーバーでもピカピカな事はザラにあります。ピカピカの車両に関して言えば、他車ほど走行距離に神経質にならない方が幸せかも知れません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bik********さん

2018/9/1015:41:48

車検証に記載されている以上、書類上でも走行はしている。

ただ・・・・その店長?責任者の言った事は、OH?改造後にどれだけ走行したか?の話ではないか?(新車からではなく)

E/Gなぞ腰上、下迄しっかりOHすれば、出荷時より組み込みも良く回転が滑らかになる場合もある。

個人的にオレのZはフルOH後、10年(55000km)位でヘッドを再度OHしたが、10000km位走行した現在は一番調子が良い。

それと・・・ハーレーは米国の広大なフリーウェイを走行出来るクルーザーなので、10万kmなぞへでもない造りしてますヨ。
日本の国土で余りもたない(故障まで)のは、一度の走行距離が短く、冷間E/G始動回数が多いからです。

だから少し前までシングルグレードOILでした。
日本で乗るならマルチグレードですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

geb********さん

2018/9/1014:49:45

走行距離疑義車とは、メーターの交換や減算などの記録はないが、車両の状態などから走行メーターの表示値が正しいと言い切れないと判断した車両の事です。

よって車検証の78,000kmと100,000kmの表示値が正しいと言い切れないと判断したため走行距離疑義車として販売されたものです。

そのショップは嘘を言ってませんしやましい事もしていません。
走行距離疑義車という言葉の意味を貴方が知らなかっただけですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hon********さん

2018/9/1014:06:15

"走行距離擬義車" ..GooBikeなんかが呼称するようになって知られるようになった言葉ですが、元々中古車にはあたりまえのように存在した手合いです。

特にカスタム車は、業者オークションなんかで、オリジナルの状態に復元して販売するにコストと表面に見えていないリスクが高くて値段がつかないものがベースになってる事がほとんどです。
だから、解ってる人は"カスタム車"とか"フルカスタム"なんて表現されてるものは、どこもかしこも一切信用しない。勿論売り手も信用しないが、売り手側も、カスタムベースを仕入れる際に何も信用できないから買い叩くし、怪しくてもマァ大丈夫なんてところは顧客に説明する訳無い。

良心的な中古車店は、"走行距離擬義車"なんて表現をしなかった時代でも、距離不明で出品してました。それを"走行距離擬義車"と書かれると、最初から騙すような印象を受け、ショップとして聞こえが悪いので、中古車情報誌のこの傾向を非常に嫌っています。

残念ながら、中古車で且つカスタム車は 本当にどこもかしこも信用できるところは有りません。買い手側の眼力が全てです。 それは、中古車販売店のバイヤーにとっても同じ事ですから、信頼できる眼力を持った 信頼できる人柄の販売者から買うしかないのですが、ここがまたアヤシイ。

...結局、とどのつまり、あなたが納得して買えれば、それでイイ。と云う事ですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる