ここから本文です

EACでエラー補正が効かず、最終的に「エラーがありました」と出てしまった場合、そ...

pea********さん

2018/9/1609:21:23

EACでエラー補正が効かず、最終的に「エラーがありました」と出てしまった場合、それをさらに補正する事はできますでしょうか。

ログには以下のような文言がありましたが、どうしていいか分からず。

If you are sure that your rip contains errors, you can use CUETools to repair it.
(リップにエラーが含まれていることが確かな場合は、CUEToolsを使用して修復できます。)

閲覧数:
153
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pon********さん

2018/9/2010:38:37

CDの状態にもよりますので保証はできませんが、いくつか手段はあると思います。ただ、雲をつかむような話だったりマニアックだったりするかも知れませんので、適時ご判断下さい。

まず、そのメッセージです。
見たことはあるものの、試しにやってみた自分の環境では再現しませんでしたので、どういう時に出るのかわかりませんが、メッセージから見て、CUEToolsを使えと言っているようですね。

CUEToolsはここにあります。
http://cue.tools/wiki/CUETools_Download

が、CUETools本体ではCDが扱えないようでしたので、付属しているCUERipperのことみたいです。
https://www.gigafree.net/media/cdripping/CUERipper.html

初めて使うのでダメージディスクのリッピング性能はわかりませんが、テストに作ったダメージディスクを最初にギャップ確認するところでエラーが出てしまいましたw

一応試してみるといいと思いますが、いままでの経験からみて、どのドライブにも使える汎用的なソフトではEACのセキュアモードと同じようなものではないかな?とは思います。

戻りまして、

・まず、EACの確認です。
セキュアモードでやってますよね?
バーストでやってるならセキュアにしてみて下さい。
セキュアモードの細かいところがドライブに合った設定になっているかもご確認下さい(このあたりわかり難いので、自分もあまり自信ありませんがw)。

いままでのことでダメな場合、ここからは最初に書いておいたようなことになるかと思います。

・ダメージディスクの読み込みに強いドライブを探す。
古いドライブがほとんどですが、このような検証もございます。
http://juubee.org/BJ/sokutei20_readdrive/sokutei.html
ただ、現行のドライブで探すとなると、雲をつかむような話になってしまうところが・・。

・旧Plextorドライブとその付属ソフトPlextoolsProfessionalにあるDAEエラーリカバリーオプションを試す。
自分が知る限り、最も可能性が高い方法です。ただし、ドライブは中古でしか手に入りませんし、ドライブのインターフェースがP-ATAですので、現在一般的なS-ATAとは違い、パソコンに繋ぐ手段を考えないといけません。マニアックでしょw

質問した人からのコメント

2018/9/21 12:37:35

セキュアです。

ドライブに合わせて設定を変えているのはギャップ補正値だけですが、どのサイトを見てもドライブに合わせての細かな調整が書いてある所はなかったので、何をどう変えていいかわかりませんです。。

いままで50枚近くリッピングしてエラーが出たのは初めてなので、CD側に致命的な欠損があったと思って諦めようと思います。

詳細な情報をいただきありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる