ここから本文です

根抵当権の債務者が死亡して6ヶ月以上たってしまったとき 被相続人:所有者兼...

アバター

ID非公開さん

2018/9/2012:43:42

根抵当権の債務者が死亡して6ヶ月以上たってしまったとき

被相続人:所有者兼債務者A
相続人:BCD
不動産はBへの相続登記がすんでいる。

根抵当権の債務もBが1人で引き受けることになった

(2-1)
原因:平成30年1月1日相続
変更後の事項:債務者BCD

(2-2)
原因:平成30年10月1日CDの債務引受
変更後の事項:債務者B

(2-2)の登記で原因が「免責的債務引受」ではなく「債務引受」でいい理由を教えてください。

契約書には「CDが免責になる」という文言を入れるようですが、登記では免責といれなくてもいいのでしょうか。

閲覧数:
44
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nob********さん

2018/9/2016:57:28

不動産登記記録例では、債務者がA→Bになったときの原因は「免責的債務引受」となっていますが、債務者がA・B→Bになったときの原因は「Aの債務引受」となっています。もちろん「免責的」という文言がなくとも、免責的債務引受契約ですから、契約書には「免責」という文言が入っているのではないでしょうか。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

kit********さん

2018/9/2122:00:34

>変更後の事項:債務者B

この表記で免責的引受と判りますので。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる