血中濃度Cの常用対数値(logC)と時間(t)との関係を示すグラフはどれですか?

血中濃度Cの常用対数値(logC)と時間(t)との関係を示すグラフはどれですか? 体内動態が線形2‐コンパートメントモデルに従う薬物を、急速静脈内投与したときの典型的な血中濃度Cの常用対数値(logC)と時間(t)との関係を示すグラフはどれですか? 画像の5つのグラフから一つ選んでください。 なぜその答えになるのかという解説もすみませんがよろしくお願いします。

画像

農学、バイオテクノロジー | 物理学66閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

薬学部の予備校講師です。 α:分布相消失速度定数 β:消失相消失速度定数 A0:分布相初期薬物血中濃度 B0:消失相初期薬物血中濃度 線形2コンパートメントモデルにおいては、以下の関係式が成立します。 logC=logA0-(α/2.303)×t+logB0-(β/2.303)×t よって、左から数えて、2番目のグラフを選択します。 以上、参考になればどうぞ。

その他の回答(1件)

0

左から2つ目です。一番左が基本となる1-コンパートメントモデルですが、2-コンパートメント、つまり最初は血中から体内組織に拡散する速度と、その後の消失との2つが合わさった状態です。