ここから本文です

M1911のS&Wのモデル “SW1911” と、M1911のSIGのモデル “SIG 1911” は、どちらの方...

fgd********さん

2018/9/2620:30:18

M1911のS&Wのモデル “SW1911” と、M1911のSIGのモデル “SIG 1911” は、どちらの方が性能が良いですか?

M1911のS&Wのモデル “SW1911” と、M1911のSIGのモデル “SIG 1911” は、どちらの方が性能が良いかを教えてください。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
49
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sei********さん

リクエストマッチ

2018/9/2717:13:28

実はSIG1911というのは、本国ドイツでは作っていません。
金属素材段階からSIG USAで作っているんです。

つまり、他のSIG機種の優位性である「欧州の鉄は硬い」というのが無いんですよね。


となると、S&Wと条件的には一緒になるんです。
そしてS&WにCNC制作のパーツ供給をしているのはKimber社であり、
Kimber社に鋳造パーツを供給しているのがS&W社です。
(このためにポールリーベンバーグ退社後にM945をひっこめた後に、すぐSW1911の量産に入れたわけです)

となると、サービスピストルメーカーのSIGが作ったより、セミカスタムメーカーであるKimberのパーツを使ったS&Wの方が良質である、と言えます。


妻がSW1911PRO-9mmを愛銃にしていますが、私のKimberゴールドマッチと持ち比べても、きわめて似た造りである印象を受けます。
スライドのガタは皆無ですし、エッジの立ち方まで同じです。
スライド幅が、オリジナルのコルトよりわずかに分厚いところなども瓜二つです。

実際に射撃後に分解清掃する時に、2丁をバラしてオイルパンに放り込むと、小パーツの見分けがつきません。
高級感はありますし、集弾性は恐ろしいものがります。

実はSIG1911というのは、本国ドイツでは作っていません。
金属素材段階からSIG USAで作っているんです。...

質問した人からのコメント

2018/9/27 21:34:59

御回答ありがとうございました。

>サービスピストルメーカーのSIGが作ったより、セミカスタムメーカーであるKimberのパーツを使ったS&Wの方が良質である、と言えます。

とてもよくわかりました。

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hkb********さん

2018/9/2621:41:18

そりゃSIGです
S&Wがフランク三浦ならSIGはフランクミューラーですよ

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる