ここから本文です

永久磁石同期電動機 (Permanent Magnet Synchronous Motor:PMSM) において ...

loc********さん

2018/9/2715:33:48

永久磁石同期電動機
(Permanent Magnet Synchronous Motor:PMSM)
において 1インバータの制御は1モーターです。

マグネット(永久磁石)がローター(回転子)内に配置された
PMSMは外部動力で 発電機にもなります。
電車の惰行時(駆動電流切)でモーターは回転し発電します。
この時
インバータとモーターを切りはなすのでしょうか。
または 電流をモーターに流し 発電を抑えるのでしょうか。
(電流を流すにしてもローター( 回転子)の位置検知をしないと
適正電流を供給できませんが)

閲覧数:
36
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

t_h********さん

2018/9/2817:22:29

惰行時の交流発電電圧が、フライホイールダイオードを介して架線側に全波整流された直流電圧として表れますが、この電圧が架線電圧より低ければ何も起きませんので、何もする必要はありません。
この電圧が架線電圧より高くなると回生ブレーキになってしまうため、インバーターとPMSMを切り離すか、電圧を上がらないように弱め電流を流します。
一般的には弱め電流で対応していると思います。

PMSMの場合、どんな時も磁石の位置を検知しながら制御しています。惰行時に限ったことではありません。

  • 質問者

    loc********さん

    2018/9/2909:55:38

    ローターマグネット(回転子磁石)の位置(角度)検知は
    何の信号で 行うのでしょうか。

    ダイレクトドライブDCモーターの場合
    (例えば ご存知と思いますが ナショナルテクニクス
    (現パナソニック)のレコードプレイヤー用DDモーター;
    SP10はマグネットそのものが回転していまして)
    ホール素子で回転子マグネット(ターンテーブル)の
    位置(角度)検知を行っていました。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/10/4 08:36:58

詳細な解説 誠にありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる