ここから本文です

ここの筋肉の名前はなんていうんですか?

アバター

ID非公開さん

2018/10/318:41:23

ここの筋肉の名前はなんていうんですか?

腰の後ろの筋肉?がすごい硬い人がいて、何をしたらこんな鍛えられるんだろうと不思議に思いました。
ちょうど腰に手を当てたお尻の上あたりの2つに割れたような筋肉です。ここを鍛えるメリットって何かありますか?ちなみに女です。
ヒップアップトレーニングもしてるのですが腰の筋肉?も鍛えると何かいいことありますか?

ヒップアップトレーニング,筋肉,バーベル,スティフレッグデッドリフト,メリット,ベンチプレス,デッドリフト

閲覧数:
1,730
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/10/319:14:12

脊柱起立筋の下部です。
腰を伸ばしたり、背を反ったりするときに使われます。
トレーニングでは、デッドリフトという
床に置いたバーベルを膝を伸ばしたまま引き上げる種目で
この筋肉を鍛えます。

背中のラインが綺麗になりますし、
大殿筋の下にも伸びていますから、
ヒップアップにも効果があります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jk4********さん

2018/10/319:58:53

それなりの重量でスクワットをやる人は、下背部収縮による骨盤前傾が必須条件なので、この脊柱起立筋が大きくなります。バーベルを肩に担いで、それで身体が潰されないよう、この背面(背中)の筋をアイソメトリック(等尺性筋活動的)的に収縮させるということを終始しているため、強化され大きくなる。

所謂、Big3と称されているスクワットやデッドリフト(ベンチプレスも)では、体幹を固めることが鉄則で背中は動かしませんが、「スティフレッグデッドリフト」という膝関節をやや屈曲させてそこで固定して、あとは股関節を可動させようという「修正デッド」であれば、バーベルを下す際、やや背中を緩めて(背中を丸めて)、そこから、股関節伸展に合わせて、脊椎も伸展させるということになる。で、「スティフレッグデッド」はコンベンショナルデッドと違って背中のエクササイズということになる。ただ、スティフレッグはBig3のコンベンショナルでないので、充分に重量を落としたうえで低負荷高回数でやります。

are********さん

2018/10/318:56:03

脊柱起立筋かな?
姿勢正しくなったり怪我しなくなると聞いたことがあります

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる