センター漢文本試験2012。 問7の答えは、④となっており、その選択肢には「皮肉の中にもユーモアをこめた表現」と書いてます。 いったい、この漢文の文章はどういう皮肉になっているのでしょう

画像
補足

この漢文中の、蛇の腹からとれる黄、牛の肝からとれる黄って、この「黄」をとりだした場合って、蛇や牛は死ぬんですよね? 現代のように手術とか発達してないだろうから、黄だけ取り出して、蛇や牛は生きたままってことはないんでしょ? この蛇や牛が、冥界(死後の世界)に来たのって、黄をとりだした時に死んだからって解釈でokですか?

ベストアンサー

0

どういうユーモアなのかということが大変分かりやすくかったです。 詳しくありがとうございます 助かりました。 まだ、今後、漢文の質問を投稿したいので、もうしばらくお待ちください。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お二人ともありがとうございました! ほんとに、エキスパートですね。 助かりました。 二人に対して大感謝です。

お礼日時:2018/10/10 14:37

その他の回答(1件)

0

・一行目の「起こされて」 起:選び出す、引き立てるの意味があります。 「起」知登州→「起用」されて、登州の知事になった。 ・五行目の「固より」 固:本来、元来、もとより、と訓読します。 「某有黄、可治病、所活已数人矣。」吏考験、固不誣、遂(得免)。 →「私(蛇)は薬効があり、それにより死後に自分の薬効によって数人を生かしました」冥府の役人が調査すると、もとより偽証(嘘を言った)わけではない=本当の事だったので、最終的に罪を免れることが出来た。 ・「別に」 とりわけ、の意味。特別、格別、別段、というような熟語を思い出してください。 →某別無黄:わたしには、特別薬効はありません。 ・皮肉が理解できません。 蘇東坡の語った寓話には「黄」が7か所出てきます。 何回も「こう」と発音し、最後に「惶 (こう)後悔、危惧」と同じ音を響かせ、皮肉った、という話です。

この返信は削除されました