ここから本文です

裁判で心神耗弱を認められたいがためにわざと酒を大量に飲み、酩酊状態に陥って人...

biz********さん

2018/10/816:53:55

裁判で心神耗弱を認められたいがためにわざと酒を大量に飲み、酩酊状態に陥って人に危害を加えた場合(実際に泥酔しており、犯行当時の自身の行動は制御できなかった)と、

図らずとも酩酊状態になってしまい人に危害を加え、その結果裁判所により犯行当時は心神耗弱状態であったと認められる場合はパターンとしては全くの別物なのでしょうか。

閲覧数:
17
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

all********さん

2018/10/817:11:56

「原因において自由な行為」についてですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%AB%E3%81%8A%...

不明点があれば再度質問してください。

質問した人からのコメント

2018/10/15 14:26:10

ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる