ここから本文です

エイズについての質問です。

アバター

ID非公開さん

2018/10/1110:17:00

エイズについての質問です。

・エイズにかかったら人は死ぬか。
・保健所でしか検査はできないか。
・誤解はどこまで広まっているのか。

このエイズについての3つの回答をお願いします。

閲覧数:
208
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tnm********さん

2018/10/1409:12:21

現状では
HIV感染後、エイズ発症の前に「適切な治療」を開始すれば
生存率はかなり高く治療可能です
但し、感染して発症するまで放置されたら、死亡率はかなり高い・・
致死的な病気であることは間違いなし
その為感染初期に見つけることが大事なのです
こういう点では「がん」よりも怖いのかもしれません
がんなら病気を見つけてから治療を開始すればいいのですから

保健所でも検査は可能ですが
あなたが希望すれば多くの医療機関・・
そこら辺の個人開業医でも検査は可能です
勿論、その場合検査専門会社への外注委託と言うことになるけど
個人開業医では単純な貧血の検査でもほぼ全部、外注ですから
採血さえすれば検査は可能です
勿論有料です(保険は適応されません)

誤解・・どのような誤解を感じているのでしょうか??
前のカイトにあるように
エイズ流行の当初は
同性愛者、特にゲイの間、あるいは
麻薬常習者の間での流行と言う
「ダーティー」な事として見られていましたが・・・
ま~~確かに今でも感染者の過半数ほどは、そういう人なんですけどね


この「無知=恐怖」が実は「差別」の入り口に成りえるということを覚えておいてほしいと思います。・・
このご意見は正にその通りです
正しい知識を得ることが誤解を無くします

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mou********さん

2018/10/1408:56:16

・エイズにかかったら人は死ぬか。
はい、何も治療をしなければ様々な日和見感染症またその複合的な合併症で死に至ります。

・保健所でしか検査はできないか。
AIDSの検査は保健所でも病院に於いても出来ません。HIV検査と言う事であれば、保健所・専門医療病院・拠点病院等で受けられます。

・誤解はどこまで広まっているのか。
早い段階に於いてHIV・AIDSは同性愛者がかかる死の病というアナウンスがなされました。時を経て治療法の確立で「死」とは切り離して考えなければならないこと、誰にでも起こりえる性感染症であること又、それを防御出来ることなどは周知されているとは言い難い状況です。それどころか性的マイノリティへの攻撃材料にされていることさえあります。
性病・性感染症のカテゴリーでHIV・AIDSに関する質問を見ていると、知らぬがゆえに異常なまでに恐れている質問を数多く散見します。
この「無知=恐怖」が実は「差別」の入り口に成りえるということを覚えておいてほしいと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる